*

タント ドラムブレーキシュー 交換

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 未分類

注意事項 作業はじめに必ずサイドブレーキを解除する

WASHER TYPE C 品番90042-13007-  をダイハツに注文する、6個必要である

ブレーキフルードのエアー抜き作業を行うときはブレーキシューを外して行ってはならない、ブレーキフルードが漏れる

 

ダイハツのドラムブレーキの引きしろは自動調整システムになっている

引きしろ調整は不要

ドラムブレーキの蓋が叩いても外れない時は6mmか8mmのボルトで外す

参考動画

参考サイト

ブレーキシューホールドスプリングはプライヤーで外す

専用工具がある

 

作業手順

ブレーキシューを固定している中央のスプリング(シューホールドスプリング)を外す

まず上側についている大きい方にのスプリングをはずします。

Cワッシャーの外し方

オートマチックアジャスターをフリーにする

 

組み付け

参考サイト

左右のブレーキシュー同士を引っ張っている下側のバネは両側のブレーキシューホールドスプリングを固定してしまうと固くてはまらない

片側のブレーキシューを固定してバネをかけてもう一方のブレーキシューを固定するようにする

上側のバネは簡単にはまる

シューを縮めた状態で取り付ける

ブレーキの引きしろは自動調整機構になっている

最後に駐車ブレーキとフットブレーキを踏んだり離したり、数回する

 

関連記事

no image

raspberry pi3 ubuntu desktop

フランス、カナダ などより *.xz ファイルをダウンロードする windows 7zipで解

記事を読む

no image

python 基礎

インタラクティブモード $ python Python 3.5.4 |Anacond

記事を読む

no image

samba install 設定

設定 workgroup netbios name 以上を変更、追記する sec

記事を読む

no image

リョービ(RYOBI) エンジンチェンソー ES-3035 エンジンが掛かりにくい

エンジンが掛かりにくい時はエンジン始動剤を使ってみる、エアーフィルターを外してキャブに吹き付ける

記事を読む

no image

リョービ  エンジンチェンソー ES-3035 シーズン初め

ポンプは10回 チョークを引く 5〜6回コイルを引っても初爆しない時はチョークを戻す

記事を読む

no image

Roundcube webmail apt install

前提条件 apt-get install apache2 apt-get install m

記事を読む

no image

リョービ エンジンチェンソー es-3035 一年保存後 エンジン始動しない

保存前にキャブレターの詰まり防止にガソリンがなくなり自動停止するまでの状態で保存していた 翌年

記事を読む

no image

月に一度tarにまとめてwordpressを含めた/var/wwwをバックアップ

tar -czpvf /media/usb0/ubuntu_www_wp_backup.tar.gz

記事を読む

no image

rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レスキューシステムはハードウェア

記事を読む

no image

ftp vsftpd ubuntu 16.04 防犯、監視カメラ

apt-get install vsftpd 一旦、anonymous のログインを有効にして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
rear レスキュシステムプログラムとバックアップファイルをひとつのisoファイルにまとめる

vi /etc/rear/local.conf OUTPUT=I

no image
rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する /usr/sbin/rear

no image
rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レ

no image
rear backup 日次 週次 月次 バックアップ

/etc/rear内にdaily、weekly、monthlyディレク

no image
Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド

ここにlinuxを管理するための手順が書かれている  

→もっと見る

PAGE TOP ↑