タント ドラムブレーキシュー 交換

車の整備

注意事項 作業はじめに必ずサイドブレーキを解除する

WASHER TYPE C 品番90042-13007-  をダイハツに注文する、6個必要である

ブレーキフルードのエアー抜き作業を行うときはブレーキシューを外して行ってはならない、ブレーキフルードが漏れる

ダイハツのドラムブレーキの引きしろは自動調整システムになっている

引きしろ調整は不要

ドラムブレーキの蓋が叩いても外れない時は6mmか8mmのボルトで外す

参考動画

参考サイト

ブレーキシューホールドスプリングはプライヤーで外す

専用工具がある

作業手順

ブレーキシューを固定している中央のスプリング(シューホールドスプリング)を外す

まず上側についている大きい方にのスプリングをはずします。

Cワッシャーの外し方

オートマチックアジャスターをフリーにする

組み付け

参考サイト

左右のブレーキシュー同士を引っ張っている下側のバネは両側のブレーキシューホールドスプリングを固定してしまうと固くてはまらない

片側のブレーキシューを固定してバネをかけてもう一方のブレーキシューを固定するようにする

上側のバネは簡単にはまる

シューを縮めた状態で取り付ける

ブレーキの引きしろは自動調整機構になっている

最後に駐車ブレーキとフットブレーキを踏んだり離したり、数回する

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク