サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

nas openmediavault 最新版のインストールと設定

debian
スポンサーリンク

isoファイルをダウンロードしてUSBイメージライターで焼く

変更するISO

インストールイメージはここにあります。ISOイメージを使用して、 openmediavaultの起動とインストールに使用できるUSBスティック作成することもできます。インストールISOイメージの作成に使用されるDebianバイナリ/ソースパッケージはここにあります。ISOイメージは以下で署名されています:

初期ログイン

ユーザー名: admin

パスワード: openmediavault

管理者ユーザーを作る

adduser <ユーザー名>

usermod -aG sudo <ユーザー名>

管理者 adminのパスワードを変更する

一般設定で変更する

adminでログインしたら指定する

ホームタブを押す

その都度ホームタブに戻る

通知の設定

gmailを指定する

SMTPサーバー:smtp.gmail.com

SMTPポート:587

暗号化モード:自動

送信者メールアドレス:自分のgmailアドレス

認証の要求

ユーザー名:自分のgmailアドレス

パスワード:自分のgmailパスワード

レシピエント

プライマリメール:自分のgmailアドレス

セカンダリメール:自分のgmailアドレス

追加したusbメモリの所在

/srv フォルダ内にあるログインができない

アップデートを行う

システムでアップデートを行う

ユーザーを追加する

最初に登録されている管理者ユーザーは一旦削除して再登録しないとsambaは使えない

sshとsudoグループに所属させないとsshログインができない

USBメモリをSAMBAとして登録

USBを挿す

一旦削除する

作成する

マウントする

共有フォルダに登録する

CMB/CIFSの共有に追加登録する

 

wifiのinstall

apt-cache search linux-image

apt-get install linux-image-5.9.0-0.bpo.2-amd64

reboot

apt-get install linux-headers-`uname -r`

apt-get install dkms

cd /usr/local/src

git clone -b v5.6.4.2 https://github.com/aircrack-ng/rtl8812au.git

cd rtl*

make dkms_install

make && make install

ifconfig -a

vi /etc/network/interfaces

allow-hotplug wlxd037457c6c05
iface wlxd037457c6c05 inet dhcp

wpa-ssid  <SSID>
wpa-psk <パスワード>

 

ssh sudoユーザーの追加

adduser <ユーザー名>

usermod -aG sudo <ユーザー名>

usermod -aG ssh <ユーザー名>

 

 

 

 

 

debian
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント