サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

voip 送話の仕組みを理解する

asterisk
スポンサーリンク

IP電話は一般的に20ミリ秒ごとに1パケットを送出するようになっています

IP電話ではこのデジタルデータをもとにしRTPパケットを構成(音声をIPパケット化)して、IPネットワークに音声を送出していくことになります。なお、遅延防止のために一般的に音声をパケットに変換する周期を20~60ミリ秒に固定します。パケット化周期を長くすれば転送効率が良くなりますが、その分遅延が大きくなってしまうため、この値が適正値です。

RTPの理解しやすい解説サイト

コメント