サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

gmail 経由でメールを送信するように postfix を設定する for ubuntu

linux
スポンサーリンク

Postfix をインストールする

postfixの削除

$ sudo apt purge postfix

postfixのインストール

$ sudo apt install postfix

設定中にいくつかの選択肢が表示されるので,Internet with smarthost を選択し,”SMTP relay host” には [smtp.gmail.com]:587 を選択します。

Gmail にリレーするための設定

/etc/postfix/sasl_passwd を作成し,Gmail の認証情報を記述します.ファイル名は自由に設定できます。

[smtp.gmail.com]:587 <username>@gmail.com:<password>

postmapコマンドでデータベース化し、作成したファイルのパーミッションを変更します。

$ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd
$ sudo chmod 600 /etc/postfix/sasl_passwd

/etc/postfix/main.cf に以下の内容を追記します。

smtp_use_tls = yes
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous

設定の反映とテスト

Postfix を再起動し,メールを実際に送ってテストします。

$ sudo systemctl restart postfix.service
$ echo "Test message" | mail <username>@gmail.com

デバッグ

メールがうまく送信できなかったときは /var/log/mail.log を確認して,設定を修正します。

linuxubuntu
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント