サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

ubuntu samba 設定

linux
スポンサーリンク

Sambaの目的

Sambaファイルサーバーは、ネットワーク上の異なるオペレーティングシステム間でのファイル共有を可能にします。

あなたのラップトップから設定したSambaにアクセスしてWindowsとmacOSユーザーでファイルを共有することを可能にします。

Sambaのインストール

$ sudo apt update
$ sudo apt install samba

次のコマンドを実行してインストールが成功したかどうかを確認できます。

$ whereis samba

その出力は次のとおりです。

samba: /usr/sbin/samba /usr/lib/samba /etc/samba /usr/share/samba /usr/share/man/man7/samba.7.gz /usr/share/man/man8/samba.8.gz

Sambaの設定

Sambaがインストールされたので、共有するディレクトリを作成する必要があります。

$ sudo mkdir /home/<username>/sambashare/

上記のコマンドで、ホームディレクトリにsambashareという新しいフォルダを作成します。これを後で共有します。

Sambaの設定ファイルはにあり/etc/samba/smb.confます。新しいディレクトリを共有として追加するには、次のコマンドを実行してファイルを編集します。

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

ファイルの末尾に次の行を追加します。

[sambashare]
    comment = Samba on Ubuntu
    path = /home/<username>/sambashare
    read only = no
    browsable = yes

追加したもの

  • [sambashare]:かっこ内の名前は、共有の名前です。
  • comment:共有の簡単な説明。
  • path:共有ディレクトリのパス
  • read only:  共有フォルダの内容を変更する権限は、このディレクティブの値がnoの場合にのみ付与されます。(書き込みができる)
  • browsable:yesに設定すると、Ubuntuのデフォルトのファイルマネージャなどのファイルマネージャは、この共有を[ネットワーク]の下に表示します(参照可能として表示されることもあります)。

新しい共有が設定されたので、保存してSambaを再起動して有効にします。

$ sudo service smbd restart

Sambaのユーザアカウント設定

Sambaには独自のユーザー管理システムがあります。

Sambaはシステムアカウントのパスワードを使用しないので、ユーザーアカウントにSambaのパスワードを設定する必要があります。

ただし、sambaユーザーリストに存在するユーザーも/etc/passwdファイル内に存在する必要があります。あなたのシステムユーザーがまだ存在していない、つまり/etc/passwdファイル内に見つからない場合は新しいSambaユーザーを作成する前に、まずuseraddコマンドを使用して新しいユーザーを作成してください。その後smbpasswdコマンドを使用して新しいSambaユーザーを作成します。

$ sudo smbpasswd -a username
使用するユーザー名はシステムアカウントに属している必要があります。

共有への接続

Ubuntuで共有する

デフォルトのファイルマネージャを開き、[サーバに接続]をクリックして、次のように入力します。

ツリービューに切り替える

デバッグするにはコマンドラインでログインする

smbclientでログインする

$ sudo apt-get install smbclient

smbclient Samba共有にアクセスするには、次の形式を使用します。

smbclient //your_samba_hostname_or_server_ip/share -U username

書き込み、削除のエラー対処

共有ディレクトリを作成しても権限がないと書き込み、削除ができない。

$ sudo chown :sambashare /home/<username>/sambashare
$ sudo chmod 770 /home/<username>/sambashare
$ sudo usermod -aG sambashare <username>

新規作成されるディレクトリ、ファイルのグループを統一する

なにもしないと新規に作成されるディレクトリ、ファイルはユーザーのグループ名が付く

作成されるファイル、ディレクトリのグループ名をsambashareに統一する

$ sudo chmod 2770 /home/<username>/sambashare

これでsambashareディレクトリ(所属するディレクトリ)のグループが引き継がれる。

linuxubuntu
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント