大東建託、相次ぐ社員自殺

住宅

日本の住宅政策は無策

無駄なアパートが乱立する

まっとうな家主が迷惑

早くサブリース契約は禁止すべきである

アパートが供給過剰になり、金融機関が融資を渋りはじめた。新規契約・着工はかつてなく難しくなっているらしい

テレビで宣伝しているので政治家対策も行っているだろうから規制はできない

いままでと同じ

やはり日本のガンは政治

情報元
著者の本

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク