サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

centos 7 mysql install

centos
スポンサーリンク

初期状態ではインストールできない

mariaDBがインストールされていることの確認

$ rpm -qa | grep maria
mariadb-libs-5.5.52-1.el7.x86_64

mariaDBとデータの削除

$ sudo yum remove mariadb-libs
$ sudo rm -rf /var/lib/mysql

MySQL5.7のインストール

公式リポジトリを追加

$ sudo rpm -Uvh http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-11.noarch.rpm
$ sudo yum install --enablerepo=mysql57-community mysql-community-server

確認する

$ mysqld --version
mysqld  Ver 5.7.18 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

自動起動の設定

$ systemctl enable mysqld.service

起動する

$ systemctl start mysqld.service

パスワードがログに出力されているらしいので、以下のコマンドで確認する

$ sudo grep ‘temporary password’ /var/log/mysqld.log

rootのパスワードはわかりやすいものに変更する
$ mysql -u root -p
パスワードは上記の#で始まるパスワードを入れる

$ mysql> ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED BY '#で始まるパスワード';
> use mysql
> UPDATE user SET authentication_string=password('なんかパスワード') WHERE user='root';
> flush privileges;
 

centos
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント