サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

python3 環境構築

python
スポンサーリンク

システムにプリインストールでpythonが入っています。

多くは2.xなので、3.xと共存したいなと思います

システムの方をうかつにさわるとはまります(apt-get remove pyhton を絶対にやってはならないシステムが壊れる)

別途apt-get install python3などとして入れても、環境変数を自分で弄る必要があります

anaconda単独だと実は問題があります

推奨はpyenvを経由することです

環境構築方法

  1. pyenvをインストールします。
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bashrc
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc
  1. anacondaをインストールします。 3系でも2系でもどっちでもいいですが、3で殆どの場合不都合が無いです。 pyenvで両方共存させることも可能ですが、condaで2/3の切り替えができるので片方でいいです。
$ pyenv install -l | grep ana
# 最新版を確認。anaconda3-2.5.0 (2系はanaconda-2.5.0)
# minicondaがいい人はminicondaを入れてください。
$ pyenv install anaconda3-2.5.0
$ pyenv rehash
$ pyenv global anaconda3-2.5.0
# anacondaをメインのpythonに設定。
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-2.5.0/bin/:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc
# activateがpyenvとanacondaでバッティングするので、pathに明示しておく。
$ conda update conda
#念のためconda自体をアップデートしておく。

現在のデファルトバージョンの確認

python –version

ls -l `which python`

 

パッケージ管理

conda install BeautifulSoup

サンプルプログラム
#! env python3
2# -*- encode: utf-8 -*-
3from urllib.request import urlopen
4from bs4 import BeautifulSoup
5html = urlopen("http://www.skyarch.net/library/")
6bsObj = BeautifulSoup(html.read(), "html.parser")
7article = bsObj.body.find_all("section")
8for jirei in article:
9  for company in jirei.find_all('h4'):
10    print(company.string)

実行

pyhton sample.py

python
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント