サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

ubuntu wordpressのサブマシーンを作る

wordpress

dnsmasq

apt-get install dnsmasq

設定はwordpressの記事を見る

 

dhcp server

apt-get install isc-dhcp-server

ipが重複しないように設定する

 

固定IPにする

vi /etc/network/interfaces

# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto p4p1
#iface p4p1 inet dhcp

iface p4p1 inet static
address 192.168.1.3
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1
network 192.168.1.0
broadcast 192.168.1.255
dns-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4
search private.ckenko25.jp

mailを送付できるようにする

apt-get install exim4

設定はwordpressの記事を見る

自動アップデート

apt-get install cron-apt

vi /etc/cron-apt/config

#MAILON=”upgrade”
MAILON=”always”
SYSLOGON=”always”
OPTIONS=”-o quiet=1″

 

/usr/sbin/cron-apt  これでメールが来るか

OKであれば

vi /etc/cron-apt/config

MAILON=”upgrade”
#MAILON=”always”
SYSLOGON=”always”
OPTIONS=”-o quiet=1″

 

apacheのインストール

apt-get install apache2

mysqlのインストール

apt-get install mysql-server php5-mysql

まず、MySQLに情報を格納するデータベースディレクトリ構造を作成するようにMySQLに指示する必要があります。これを行うには、次のように入力します。

sudo mysql_install_db

その後、私たちは、いくつかの危険なデフォルトを削除し、データベースシステムへのアクセスを少しロックダウンする単純なセキュリティスクリプトを実行したいと考えています。次のコマンドを実行して、対話型スクリプトを開始します。

sudo mysql_secure_installation

MySQL rootアカウント用に設定したパスワードを入力するよう求められます。次に、パスワードを変更するかどうか尋ねられます。現在のパスワードがわかっている場合は、プロンプトで「いいえ」に「n」と入力します。

残りの質問については、各プロンプトで「ENTER」キーを押すだけで、デフォルト値を受け入れることができます。これにより、いくつかのサンプルユーザーとデータベースが削除され、リモートルートログインが無効になり、これらの新しいルールがロードされ、MySQLは変更内容をすぐに尊重します

vi /etc/hosts

127.0.0.1 localhost
127.0.1.1 ubuntu-sub.private.ckenko25.jp ubuntu-sub

 

vi /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

ServerAdmin ckenko25@gmail.com
DocumentRoot /var/www
#AddHandler php5-script .php .html
ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
<Directory “/usr/lib/cgi-bin”>
AllowOverride None
Options +ExecCGI -MultiViews +SymLinksIfOwnerMatch
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

<Directory /var/www/>
Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
# AllowOverride None
AllowOverride All
Order allow,deny
allow from all
</Directory>

phpのインストール

apt-get install php5 libapache2-mod-php5 php5-mcrypt

vi /etc/apache2/mods-enabled/dir.conf
<IfModule mod_dir.c>
 DirectoryIndex index.html index.cgi index.pl index.php index.xhtml index.htm
 #DirectoryIndex index.php index.html index.cgi index.pl index.xhtml index.htm
</IfModule>

vi /var/www/info.php
<?php
phpinfo();
?>
service apache2 restart

http://192.168.1.3/info.php
これで確認

 拡張子htmlをphpファイルとして起動する

vi /etc/apache2/apache2.conf

最終行 (shift+G) に追記

<FilesMatch “.+\.html?$”>
SetHandler application/x-httpd-php
</FilesMatch>

 

phpmyadminのインストール

apt-get install phpmyadmin

 

mysqlの移行

mysqldump -u root -pパスワード wordpress | gzip > wordpress.sql.gz

$ rsync wordpress.sql.gz 192.168.1.3:/home/ckenko25

解凍は gunzip wordpress.sql.gz

インポート

mysql  -u root -p
create database wordpress;
create user wpadmin identified by'パスワード'
mysql-u root-p-h localhost wordpress< wordpress.sql

grant all on wordpress.* to 'wpadmin'@'localhost' identified by 'ここにパスワード';
 

コメント