HT-702の設定

注意点 設定はchromeで行うとトラブルのげい

既存のネットワークに接続する

DHCPで自動でIPを取得する

初期パスワードはadmin

BASIC SETTINGS

BASIC SETTINGS→statically configured as: 各項目を設定する

Time Zone: GMT+0.900

ANCED SETTINGS

Admin Password: 適時設定する

ANCED SETTINGS→NTP Server: ntp.nict.jp

ADVANCED SETTINGS Firmware Server Path: firmware.grandstream.com

以上で一旦reboot

firmwareが最新かチェックする

System Ring Cadence:c=2000/4000; を c=1000/2000;

Dial Tone:f1=350@-17,f2=440@-17,c=0/0; を f1=400@-19,c=0/0;  受話器上げたあと

Ringback Tone:f1=440@-17,f2=480@-17,c=2000/4000; を f1=400@-19,f2=385@-20,c=1000/2000; 電話がかかってきた時

Busy Tone:f1=480@-21,f2=620@-21,c=500/500; を f1=400@-19,c=500/500; 話し中の時

Reorder Tone:f1=480@-21,f2=620@-21,c=250/250 を f1=480@-19,f2=620@-19,c=1500/1500;

Confirmation Tone:f1=350@-11,f2=440@-11,c=100/100-100/100-100/100; を f1=600@-16,c=250/250;

Syslog Server : 適切に設定

Syslog Level: : 初期値はNONE

FXS PORT1 と FXS PORT2

Primary SIP Server: freepbx serverのipを設定する

Account Active: Yes
NAT Traversal: Keep-Alive

SIP Transport: 私はTCPに変更した

SIP User ID: freepbx serverの内線番号

Authenticate ID:上記と同じにする

Authenticate Password: freepbx serverで設定したパスワード

Name: 接続する電話機の名称

Preferred Vocoder:  ==> コーディックは すべて PCMU へ
               初期値  -> 変更後
    choice 1:  PCMU
    choice 2:  PCMU
    choice 3:  G723    -> PCMU
    choice 4:  G729    -> PCMU
    choice 5:  G726-32 -> PCMU
    choice 6:  iLBC    -> PCMU

SLIC Setting: USA1  私は海外製Panaを使っている 接続する電話機の方式
Caller ID Scheme: NTT JAPAN  ナンバーディスプレイの方式 
Anonymous Call Rejection: Yes   非通知拒否
Disable Call-Waiting: Yes (キャッチホン機能には対応していないので無効にする)
Gain
TX +4db, RX 0db~-6db にした。実際に使う電話機で、音声の聞き取り具合等により調整。高いと音割れの原因になり、低いと相手に声が聞こえづらい、トーン信号を使うIVRサービスが利用できないといった不具合の原因になる

FXS PORT の Check SIP User ID for incoming INVITE: これをYesに変更

FXS PORT の Allow Incoming SIP Messages from SIP Proxy Only: これをYesに変更



最後にstatusでRegisteredになっているか確認する


関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク