サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

asus chromebox まとめ

chrombox
スポンサーリンク

作業前にリカバリSDカードを作成しておく

忘れるとにっちもさっちもいかなくなる、注意

Chromebox自身でリカバリ(chrome://imageburner/ でアプリをインストール)のアプリを起動しSDカード8GBに作りました。

 

レガシーブート

Chromebook (Intel の Haswell や Broadwell が搭載されている機種) には”レガシーブート”モードが存在し Linux や他のオペレーティングシステムを簡単に起動することができます。このレガシーブートモードは CorebootSeaBIOS ペイロードによって提供されています。Coreboot は Intel が搭載されている Chromebook に載っているファームウェアです (第一世代は除く)。SeaBIOS がディスクの MBR に起動する伝統的な BIOS のように振る舞い、そこから Syslinux や GRUB などの標準的なブートローダーを起動します。

ファームウェア書き込み保護

全ての Chromebox、Chromenook にはファームウェア書き込み保護が存在します。インストールの途中で (GBB フラグを更新したりカスタムファームウェアを書き込むために) 書き込み保護を無効化する必要があるかもしれないので、注意しておいてください。

一般的なlinuxのインストール手順

デベロッパーモードを有効にする

SeaBIOS のある Chromebook:

レガシーブート / SeaBIOS を有効化する

SeaBIOS をデフォルトに設定 (必須ではありませんが推奨。書き込み保護を無効にする必要があります)

デベロッパーモードの有効化

ChromeOS の中からスーパーユーザーシェルにアクセスするには デベロッパーモード が必要です。SeaBIOS での起動を許可するなど、システムに変更を加えるために有効化は必須になります

警告:デベロッパーモードを有効化するとデータが全て消去されます

Chromeboxでデベロッパーモードに入るには

リセットボタンを押しながら、Power ボタンを押して下さい

Ctrl + D を押して下さい

リセットボタンを押す

30秒後にデベロッパーモードが始まる(もしくはCtrl+Dを押す)

スーパーユーザーシェルにアクセス

デベロッパーモードに移行した後は、スーパーユーザーのプロンプトを表示する必要があります。スーパーユーザーシェルのアクセス方法は Chrome OS を設定したかどうかで変わります。

Chrome OS の設定をせずにスーパーユーザーシェルにアクセス

Chrome OS を設定しない場合は、Ctrl + Alt + F2 を押せば (F2 は上段の”右”矢印です, →)、ログインプロンプトが表示されます。

chronos をユーザー名として使って下さい、パスワードは聞かれません。

sudo bash でスーパーユーザーになってください。

Chrome OS の設定をしてスーパーユーザーシェルにアクセス

Chrome OS を既に設定している場合は:

Ctrl + Alt + T で crosh window を開いて下さい。

shell コマンドで bash シェルを開いて下さい。

sudo bash でスーパーユーザーになってください

SeaBIOS の有効化

Coreboot のデベロッパーモード画面で、プリインストールされている SeaBIOS にアクセスする方法です

  • スーパーユーザーシェルで以下を入力:
# crossystem dev_boot_usb=1 dev_boot_legacy=1
  • マシンを再起動。

これで白いブートスプラッシュ画面で Ctrl + L を押すことで SeaBIOS を起動できます。

ノート:プリインストールされている SeaBIOS をずっと使い続けるつもりであり、SeaBIOS を起動のに毎回 Ctrl + L を押す必要があるのが鬱陶しいときは、デフォルトで SeaBIOS を起動するように Coreboot を設定することができます。この設定は Chrome OS の中から行う必要があり、(ハードウェアとソフトウェアの) 書き込み保護を無効化しなくてはなりません。後でリカバリインストールメディアを使って Chrome OS を再インストールする必要がなくなるので、ここで今すぐ設定するほうが良いでしょう。Chrome OS を捨てないつもりならば (Arch を外部ストレージにインストールするか、内部ストレージの中に Chrome OS と一緒にインストールする)、あとから SeaBIOS をデフォルトに設定できます。

デフォルトで SeaBIOS を起動

デフォルトで SeaBIOS を起動するには、Chrome OS で set_gbb_flags.sh を実行する必要があります (Chrome OS に初めから入っています)

chromebookの場合の書き込み保護解除手順

  • スーパーユーザーシェルで次を入力:
# sudo su
  • ソフトウェア書き込み保護の無効化。
# flashrom --wp-disable
  • 書き込み保護が無効化されているか確認。
# flashrom --wp-status
  • 何もパラメータを付けずに set_gbb_flags.sh を実行。
# set_gbb_flags.sh
ノート:最近のバージョンの Chrome OS ではスクリプトが /usr/share/vboot/bin/set_gbb_flags.sh に移動されており、デフォルトではパスが通っていません ($PATH に含まれていない)。
  • 以下の出力がされたか確認、[4] を参照。
GBB_FLAG_DEV_SCREEN_SHORT_DELAY 0x00000001
GBB_FLAG_FORCE_DEV_SWITCH_ON 0x00000008
GBB_FLAG_FORCE_DEV_BOOT_LEGACY 0x00000080
GBB_FLAG_DEFAULT_DEV_BOOT_LEGACY 0x00000400
  • SeaBIOS をデフォルトに設定。
# set_gbb_flags.sh 0x489
  • ソフトウェア書き込み保護を有効に戻す。

# flashrom –wp-enable

chromeboxの場合の書き込み保護解除

wifi横のショートナットを緩めて外す

# set_gbb_flags.sh 0x489
多分これでOKだろう、確認はまだしていない
以上で Chromebook は SeaBIOS をデフォルトで起動するようになります。linuxのインストールに進んで下さい。デバイスが正しく起動したら、ハードウェア書き込み保護を有効に戻して下さい。
chromeboxは多分ショートネジを戻してショートさせれば書き込み保護になるのだろう

インストールメディアの起動

USB ドライブを Chromebox に接続して、(SeaBIOS をデフォルトに設定していない場合) 白いブートスプラッシュ画面で Ctrl + L を押して SeaBIOS を起動します。

Esc を押してブートメニューを表示して USB ドライブの番号を選択してください。

参考サイト

 

たとえlinuxだけで立ち上がっていても簡単にchromeboxオリジナルに戻せる

10分もいらない

最初、OS確認の画面で停止するが

Ctrl+L

これでchromeが立ち上がる

Ctrl+Lを押さなくて30秒ほっておくと自動で立ち上がる

 

デベロッパーモードの立ち上げ

電源ボタン+リセットボタン

Ctrl+D

リセットボタン

 

Ctrl+D電源オンで「OS確認機能はオフ」の画面が表示され、そのまま30秒放おっておくか ctrl+DでChrome OS
ctrl+Lで SSDのlinuxを起動、カウントダウン中にesc押すとUSBからの起動を選べる

 

 

 

 

 

 

chrombox
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント