サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

chromeboxにlinuxをinstall

chrombox
スポンサーリンク

Chromebox

電源ボタン側側面のリセットボタンを押しておいて電源を入れる

ダメージという案内画面が出てくる

リセットボタンを押す

画面が変わる

Ctrl+D

これでデベロッパーモードで動き始める

以後普通にchromeを立ち上げる

Ctrl+Alt+T

ここで shell を入力する

chronos@localhost / $

これが出てくればデベロッパーモードになっている

参考サイト

ファームウェアのライトプロテクトネジを外す

外せばubuntuを単独起動できるようだ

Haswell(not ARM)版chromeboxにはSeaBIOSというのが搭載されているので、普通にLinuxがインストールできるらしい

The Chromium Projects

BIOSは書き換えられることを想定していないので、BIOSのブートプロテクトを外す必要がある。これはマザーボード上のパターンショートを解除することで実現されており、ネジを外すことで書き込み可能となる。

Developer modeを有効にして、legacy bootを有効にする。USBブートで任意のOSを入れれば良い

Chromebookに最適化されたLinuxディストリビューション「GalliumOS」

chrombox
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント