raspberry pi hostapd wifi アクセスポイント化

スポンサーリンク

Raspberry pi

raspbianをダウンロード

SDカードに焼く

# rpi-update
# apt-get update
# apt-get upgrade
# reboot
# apt-get dist-upgrade

ケーブルの接続

eht0はインターネットにつながる有線

wlan0を固定IPにする ここにアクセスする

# vi /etc/network/interfaces
allow-hotplug wlan0
#iface wlan0 inet manual
iface wlan0 inet static
 address 192.168.10.1
 netmask 255.255.255.0
# wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

アクセスポイント化するソフトにインストール

# apt-get install hostapd

設定ファイル

# zcat /usr/share/doc/hostapd/examples/hostapd.conf.gz > /etc/hostapd/hostapd.conf

設定ファイの変更

# vi /etc/hostapd/hostapd.conf
interface=wlan0
#SSIDを設定
ssid=raspberry
#動作モード(g:2.4Ghz帯・a:5GHz帯)
hw_mode=g
#使用チャンネル
channel=6
#MACアドレスフィルタリング(セキュリティ的にはあまり意味がないのでOFFにする)
macaddr_acl=0
#認証アルゴリズム(WPAのみ用いるとき:1・WEPのみ用いるとき:2・両方用いるとき:3・暗号化なしの時:0)
auth_algs=1
#SSIDの秘匿化を行うか(セキュリティ的にはあまり意味がないのでOFFにする)
ignore_broadcast_ssid=0
####(ここからWPA認証を使う人のみ設定)
#使用するWPAのバージョン(WPA:1・WPA2:2・両方:3)
wpa=2
#WPAのパスフレーズ
wpa_passphrase=
#個人で使う共有鍵認証の場合はWPA-PSK、
wpa_key_mgmt=WPA-PSK
#使用する暗号化方式(TKIP又はCCMP(AES)又は「TKIP CCMP」として両方を指定)
#wpa_pairwiseにはWPAの暗号化方式、
#rsn_pairwiseにはWPA2の暗号化方式を指定する。
wpa_pairwise=TKIP
rsn_pairwise=CCMP
# vi /etc/default/hostapd
DAEMON_CONF="/etc/hostapd/hostapd.conf"

ルーティングを有効にする

# vi /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward=1
# sh -c "echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward"

iptablesの設定 下記を入力する

# iptables -t nat -A POSTROUTING -o eth0 -j MASQUERADE
# iptables -A FORWARD -i eth0 -o wlan0 -m state --state RELATED,ESTABLISHED -j ACCEPT
# iptables -A FORWARD -i wlan0 -o eth0 -j ACCEPT

ルーティングテーブルを/etc/iptables.ipv4.natに保存

# sh -c "iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat"

ルーティングテーブルを起動時に適用する

# vi /etc/rc.local
/etc/iptables.ipv4.nat

再起動

# reboot

確認

windowsのパソコンを固定ipに変更してインタネットに接続できればOK

アクセスポイントに接続した場合にIPを自動で配布

# apt-get install isc-dhcp-server
# vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
#option domain-name "example.org";

#option domain-name-servers ns1.example.org, ns2.example.org;

authoritative;

以下最終行に追記

subnet 192.168.10.0 netmask 255.255.255.0 {
 range 192.168.10.100 192.168.10.199;
 option broadcast-address 192.168.10.255;
 default-lease-time 600;
 max-lease-time 7200;
 option routers 192.168.10.1;
 option domain-name "local";
 option domain-name-servers 192.168.1.2, 8.8.8.8;
 }

 wlan0側にのみDHCPサービスを提供

# vi /etc/default/isc-dhcp-server
INTERFACES="wlan0"
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. hamada より:

    質問させていただきます。
    これはGW-450Dでraspberrypiを使って
    hostapdができたのですか?

  2. hamada より:

    お返事ありがとうございます。
    この方法ですとdriverをhostapd.confで指定してないですよね?
    それでもできるんですか?
    またgw-450Dでhostapdはやってないですか?