サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

Raspberry pi で SoftEther VPN Server

asterisk
スポンサーリンク

Raspberry pi

SoftEther VPN は分散された仮想的な Ethernet セグメントを構築することができます。地理的に分散した複数のコンピュータがあたかも一つの Ethernet ネットワークに接続されているかのように互いに通信することができるようにしたいのであれば、SoftEther VPN を使うことが最も簡単な方法です。

VPN Serverは出先で自宅LANを自宅ににいるのと同等のことができるシステム

VPN Client を各メンバの PC にインストールします

各メンバの PC 上に SoftEther VPN Client をインストールします。接続先のサーバーのアドレス、接続に必要なユーザー名とパスワードも入力します。

メンバ PC のうち一部が Mac OS X、iPhone または Android である場合は、SoftEther VPN をインストールする代わりに、L2TP/IPsec VPN クライアントの設定を行います。

IP アドレスをセットアップします

SoftEther による仮想プライベートネットワーク (VPN) の性質は、物理的な Ethernet セグメントの性質と全く同じです。そのため、各メンバ PC にそれぞれ専用の IP アドレスを割当てる必要があります。

物理的な Ethernet と同様に最も簡単な方法は、各 PC にプライベート IP アドレスを設定することです。例えば、192.168.0.0/24 のようなアドレス空間を割当てます。物理的に使用しているプライベート IP アドレスと重複しないように注意してください。

別の方法として、IP アドレスの自動割当てのための DHCP サーバーを使用する方法もあります。そのためには SoftEther VPN Server に搭載されている仮想 DHCP サーバー機能を有効にします。そうすると、デフォルトでは 192.168.30.0/24 のアドレスがクライアントに割当てられます。

これで物理的な Ethernet と同じように VPN 通信が可能になりました

いったん各コンピュータが 1 つの SoftEther VPN Server 上の仮想 HUB に接続すれば、それらのすべてのコンピュータおよびスマートフォンは単一の Ethernet ネットワークにすべて接続されているのと同様に通信を行うことが可能になります。例えばファイル共有プロトコル、リモート印刷アプリケーション、リモートデスクトップアプリケーション、SQL データベースアプリケーションおよびその他の任意の LAN ベースのアプリケーションが、物理的な距離が離れていても利用可能になります。

SoftEther VPN プロジェクト

SoftEther VPN の使い方

インストール

cd /tmp

wget http://jp.softether-download.com/files/softether/v4.19-9599-beta-2015.10.19-tree/Linux/SoftEther_VPN_Server/32bit_-_ARM_EABI/softether-vpnserver-v4.19-9599-beta-2015.10.19-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz

tar zxvf softether-vpnserver-v4.19-9599-beta-2015.10.19-linux-arm_eabi-32bit.tar.gz

cd vpnserver

make

cd ..

mv vpnserver /usr/local

cd /usr/local/vpnserver

chmod 600 *

chmod 700 vpncmd

chmod 700 vpnserver

vi /etc/init.d/vpnserver

#!/bin/sh
# chkconfig: 2345 99 01
# description: SoftEther VPN Server
DAEMON=/usr/local/vpnserver/vpnserver
LOCK=/var/lock/subsys/vpnserver
test -x $DAEMON || exit 0
case "$1" in
start)
$DAEMON start
touch $LOCK
;;
stop)
$DAEMON stop
rm $LOCK
;;
restart)
$DAEMON stop
sleep 3
$DAEMON start
;;
*)
echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
exit 1
esac
exit 0

chmod 755 /etc/init.d/vpnserver

apt-get intall chkconfig

cd /etc/init.d

/sbin/chkconfig –add vpnserver

/etc/init.d/vpnserver start

アンインストール作業

/etc/init.d/vpnserver stop

/sbin/chkconfig –del vpnserver コマンドを実行して、vpnserver をサービスとして登録解除します

rm /etc/init.d/vpnserver

 

asterisk
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント