車用バッテリーのまとめ

スポンサーリンク

セルモーターを回すには12.4V以上が必要でこれ以下でまわすとバッテリーを痛めます。充電してから使いましょう。

エンジンの始動後の電圧は13.5V~14Vです。13V以下なら発電機もしくはバッテリーの不良です。修理交換しましょう。

発電機の最大電圧は15Vに設定されています。エンジンの回転数は1500rpm以上にしないと充電しません。アイドリングでは、充電できません。

厳密には満充電状態(気温20℃)では12.72Vです。

普通充電はバッテリー容量の1/10以下の電流で充電するのが原則です

急速充電はバッテリー容量の1/1の電流で充電します。充電時間はバッテリーサイズに関わらず、最大30分間までとしてください。30分以上の充電は、バッテリーを大きく痛めます。

いつも満充電状態が理想

比重が正常で、バッテリー電圧が12.5Vあったとしても、負荷電圧が9V以下でしたら、バッテリーは寿命と判断できます。

この時に電圧が一時下がりますが バッテリーが弱ってなければ 10Vを切る事は無いです。

アクセルを少し踏んで 1,300回転あたりから 安定して14V以上になればオルタネータが正常作動していると言う事になります。

負荷なしで電圧11.6V以下になるとヤバイそうです。

充電直後はバッテリーの端子電圧も見かけ上、上昇します。正確な電圧は充電後に30分程時間をおいてから計測してください。

新品のバッテリーの電圧は、エンジン始動前で12.5V~13Vあり、これが正常な電圧になります。 12Vを切るとかなり劣化が進んでおり、11V台前半になると寿命です。

電圧計を取り付けてセルモーターを廻した時の電圧の下がり具合を観察すればバッテリーの状態が判断できると思います。

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク