バッテリー溶接機の自作と記録

記録

100Aの自動車用バッテリーケーブル(5m)をダイキEXで2480円で購入

溶接機ホルダーをダイキEXで1980円で購入

アース用クランプをダイキEXで1980円で購入

バッテリー端子をオートバックスで508円で購入

バッテリーケーブルを切断(30cm)して端子を半田接続した。2本製作

バッテリーをオプティメイトで充電した(3台)

作ったケーブルでバッテリーを直列に接続する、その両端にホルダーとクランプを付けた。

溶接棒は2mmが最適、1.6mmは火花が飛びにくい

バッテリーは2台では火花が飛びにくく良くなかった。

バッテリー3台で快適に溶接できた。

今までDIY溶接は難しくてあきらめていましたが、その考えが変わりました。

溶接面は自動でシャッターがかかるもの使用したので快適であった。

薄物(1mm以下位)は穴が開きやすい。

厚物の溶接に最適である。

溶接棒が1.6mmは最初の火花が飛びにくいが使えた。

全体写真

バッテリーを3台直列に接続しています

ホルダーとクランプ

自転車の前かごを溶接しました

成果

今回、溶接は難しくないものであることがわかり大きな収穫であった。

追記

バッテリーが充電不足であると溶接棒がくっ付

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク