車用バッテリーの点検

スポンサーリンク

充電したから良いというのではなく、電池が放電気味で寒い ところにおいておくとどんどん電池の電極が駄目になるようです。
一旦電極が駄目になると、いくら充電してもすぐ空になります。

かといって、沸騰するように過充電しても電極が傷むようです。

一番いいのは、常に100%充電状態で、あったかいところへ置いておく事だそうです。

クルマのバッテリは外すのが大変なので、自分はこまめに「補充電」しています。 70%ぐらいの充電ができていれば寒いところでもそんなに悪くならないようです。

補充充電は車に乗せたままターミナルは外さなくてもよい。

私は12.4Vより下がっているときは、充電器で数時間充電します。 一冬に1~2回やります。

3年で10000km未満ですがとりあえずバッテリは使えています。

補充充電の方法

充電してから10分置いて電圧を測れば、バッテリの劣化状態がわかる と思います。

12.7V 新品 (100%)
12.5V まだ元気 (75%)
12.3V もう駄目かも (50%)
12.0V  死んでます (25%)
11.7V まともに充電もできません (0%)

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク