リトルカブのDIY リトルカブ一年間放置後の始動

カブの整備

保管状況

リトルカブを燃料コックOFFで自然にエンジンが止まるまで運転後保管
ガソリンは満タン状態で保管
一年間上記の状態で保管

エンジンを始動できるまで

自動車用バッテリーを接続してセルを回した
エアーフィルターをはずしてキャブレターの入り口からクレのエンジンコンディショナーを吹き付けて30分放置、エンジン始動、始動しなかった
もう一度、エアーフィルターをはずしてキャブレターの入り口からクレのエンジンコンディショナーを吹き付けて30分放置、エンジン始動、始動しなかった
ひつこくセルをまわしても始動しなかった、30回程度は回した
チョークをいっぱい引いた状態でエンジンがやっと始動した
チョークを戻すとエンジンが停止した
アクセルを開くとエンジンが停止しそうになった
チョークをいっぱい引いた状態でエンジンを暖気運転した後にやっとアクセルを開いてもエンジンは停止しなくなった

考察

エンジンコンディショナーの使い方がまずかったのでは?
ドライヤーで熱風をキャブレターに送って暖めてからエンジンコンディショナーを使用すべきだった
エンジンコンディショナーの放置時間は1時間程度の方がよさそう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク