ムーヴのDIY ムーヴ L150S のISCV(アイドリングコントロールバルブ)の洗浄

経緯

シフトレバーをバックに入れたときにアイドリング回転数が一時低下していた
またときどき回転数が低下することがあった

ネットで調べるとISCVが原因であると判断した

ISCVを外さないで洗浄する方法

インタークーラーを外してこの部分にKUREエンジンコンディショナーを吹き付けて洗浄した

ISCVを取り外して洗浄する方法

インタークーラーを外す

アクセルワイヤーを外す

ここの4個のボルトを外し、サイドのボルトとナットを緩める

これで外せるがホース2本が下部に付いていてこれの外し方で悩んだ

ホースの外し方はこの状態にして矢印のバンドを外してホースを抜く

外したスロットルボディー部

ISCVはボルト4本は堅いのでドライバーにハンマーで打撃をあたえて外す

このネジは特殊なネジでホームセンターにもドライバーは売っていなかった

仕方ないのでネジザウルスでつかんで外した、ビスは普通のステンビスに交換した(4mm x 30mm)
KUREエンジンコンディショナーを吹き付けて洗浄した、目立った汚れは確認されなかった
バルブ部分は羽で羽がモーターで回る構造であった、羽と本体の隙間がないのでカーボンが付着すると固着することが容易に考えられる

ISCVの固着を判断する方法

800回転までアイドリングが落ち着いた時点でクーラーを作動させてエンジン回転数が上昇すれば固着はないと判断できる

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク