200V IH クッキングヒーター DIY 古いアパートに導入

古い自分が管理しているアパートにIHクッキングヒーターを導入

見栄え良く配線ができるかがポイント


端部屋であるが出窓部分があり壁裏に通る空洞はないと判断

露出配線にすることにした

パナのスクエアー換気扇裏→タイル露出→コンセント

パナの換気扇を一旦外して作業した

配線は架台に当たって下ろせないのでタイルをマイナスドライバーで一部壊しタイル裏に配線を逃がした

換気扇下も一部タイルを壊しタイル裏に配線を逃がした(見栄えを良くするため)

コンセントの取り付け位置

コンセントの取り付け位置は本体右端から20cm+-5cmと取説に記述あり

取り付け高さは可能な限り低い方がベスト、約1cmの高さに取り付けた

使用した部材

IHクッキングヒーターは三菱電機 ビルトイン型 IHクッキングヒーター CS-G32M (ブラック)

IHクッキングヒーター架台は三菱【新品番CS-ZWAKU60】【旧品番CS-Z60WAKU】専用枠(60cm既存のガス台にみったりであった)

東洋アルミ IH対応排気口カバー

パナソニック(Panasonic) 接地2P30A角型コンセント 薄形 ブラック WK36301B

IH架台は60cm既存のガス台にみったりであった

富士電線 オール電化用 200タイプ アース付 VVFケーブル アイボリー 50m巻き E-VVF2×2.6+アース1.6mm×50m

透明コーキング

エルパモール

段差はできるが違和感、使い勝手に問題はない

ブレーカー

ブレーカー30AはダイキEXで購入(最新式)丸いところをドラーバーで押すだけで200Vにできる

作業時間

一人でゆっくりやって2日で完成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする