*

mint linux ブラザー ネットワーク接続 プリンター 登録

公開日: : 最終更新日:2018/04/16 linux

ブラザーのドライバをインストールした時に接続先がusb:になっているばあいは印刷できない

 

接続先がdnssd: でないとだめである

HL-2270DWは接続先がdnssd:にならない

cupsでdnssd:に変更しないとだめである

 

ipp:とsmb:接続はwindowsから印刷できる

追加→ネットワークプリンター→ネットワークプリンターを検索

ホスト名にサーバーのIPを入力して→検索

接続先が出てくる

デバイスURI:socket://プリンターのIP

デバイスURI:smb://ワークグループ名/サーバー名/プリンターキュー名

デバイスURI:ipp://サーバー名:631/printers/プリンターキュー名

 

Windows クライアントを Linux の印刷サーバーに接続するとき推奨される方法は IPP です。HTTP に基づく標準的なプリンタープロトコルであり、ポートフォワーディングやトンネリングなどから様々な恩恵を受けることができます。設定はとても簡単で Samba を使う方法より楽です。IPP は Windows 2000 以降の Windows でネイティブでサポートされています。

クライアントの Windows のバージョンが Windows 2000 以下の場合、あるいは IPP で問題が発生する場合、Samba を使って共有することもできます。ただし Samba を使用する方法もまた複雑です。認証の問題が原因で、設定の難易度が高く、間違いやすいものとなっています。

関連記事

no image

mint desktop resolv.conf 再起動で書き換わる

名前解決のおおもとは/etc/resolv.confである この中の記述が誤っていると名前解決

記事を読む

no image

raspberry ローカルユーザ宛のメールをどこに転送するかを記述する

raspberry ローカルユーザ宛のメールをどこに転送するかを記述する vi /etc/emai

記事を読む

no image

debian apt-get update error

apt-get update でエラーが出るときは cd /etc/apt/sources.l

記事を読む

no image

SELinuxとは

SELinuxでは、このrootにセキュリティが一極集中することを避けて、rootにすべてのアクセス

記事を読む

no image

raspberry upgrade 通知

apt-get install cron-apt vi /etc/cron-apt/confi

記事を読む

no image

samba mint linuxでうまく表示された設定

sambaはnameserverの設定が悪いとうまく表示されない   dhcpの設

記事を読む

no image

grep ack ファイル内 文字列の検索

# grep -rl "string" /path /path内にあるファイルを対象にstri

記事を読む

no image

AH00558: apache2 warning

AH00558: apache2: Could not reliably determine the

記事を読む

no image

windows7のnslookupで結果がへん

nslookup  ubuntu  では正常 nslookup www.google.co.j

記事を読む

no image

dd ssh backup

サーバーdebianを192.168.1.6の/media/usb0にdebian.imgファイルを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
crontab

Crontab Lines 各行には5つの日時フィールドがあり、

no image
AOLECA ハンディスキャナー 使い方

これを使いファックスしたいので購入 アマゾンで購入した ベ

no image
samba remoto network ショートカット

mint linux desktop のショートカットは ファイ

no image
mint linux フォルダショートカットの作成

対象フォルダをクリック Ctrl+shift を押しながらデスク

no image
keepass2 ver2.38 日本語化

# cd /usr/lib/keepass2 # mkdir L

→もっと見る

PAGE TOP ↑