ubuntu windows printer 共有

ubuntu に接続されているプリンターはwindowsから印刷する場合はsambaでしか印刷できない

windownsに接続されているプリンターはubuntuとwindowsともにsambaでしか印刷できない

ubuntuからubuntuに接続されているプリンターはippとcupsで印刷できる

UbuntuはCommon UNIX Printing System(「CUPS」)を使用して印刷を処理します。CUPSは、印刷ジョブとキューを管理するための基礎としてインターネット印刷プロトコル(IPP)を使用します

sambaシステムから印刷できるようにしたらwindownとubuntu両方から印刷できるシステムになる

ubuntuサーバーにcupsを構築する

ブラザーのプリンタードライバーをHPからダウンロードしてインストールする

cupsを構築したサーバーにsambaをインストールしてsamba経由で印刷できる設定にする

mint linuxからプリンター→追加→ネットワークプリンター→samba経由のwindowsプリンター

閲覧→WORKGROUP→sambaサーバー名→プリンター

ブラザーのプリンタードライバーを選択

Ubuntuにおいて優先的に使用される印刷および印刷サービスはCommon UNIX Printing System (CUPS)です。この印刷システムはフリーで利用できると同時に、ほとんどのLinuxディストリビューションにおいて新たな標準印刷となった汎用性の高いレイヤです。

CUPSは、印刷ジョブや印刷キューを管理し、IPP(Internet Printing Protocol) を利用したネットワーク印刷を提供しており、ドットマトリクスからレーザープリンタまで、その中間に位置する多くのプリンターもサポートしています。CUPSは、PPD(PostScript Printer Description) ならびにネットワークプリンターの自動検索にも対応しており、ウェブベースで設定や管理を行うシンプルなツールも用意されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする