fstab option nfs

ディスクのマウントに失敗してもブートしてほしいときには、/etc/fstabnofailオプションを付けます。

nofailを指定しておくとブート時にデバイスが見つからなくてもエラーにならず、デバイスが見つかった時に自動でマウントされる。

auto -a オプションでmountコマンドを実行した時にマウントする

Linuxのファイルシステムには、ファイルを読んだ時刻が「atime」というタイムスタンプとして保存される。1ファイルアクセス当たりのオーバーヘッドはささやかなものだが、大量のファイルに対して頻繁にアクセスするシステムでは、atimeの更新にかかる時間も無視できなくなる。atimeが不要なシステムであれば、atimeの更新を無効化することでディスクのパフォーマンスが向上する可能性がある。

atimeの更新は、/etc/fstabのマウントオプションとして「noatime」を指定することで無効化できる。

nolock – ファイルのロックを無効にします。この設定は、古いNFSサーバーに接続するときに必要になることがあります。

intr – サーバがダウンした場合や到達できない場合にNFS要求を中断させます。

tcp – TCPプロトコルを使用するNFSマウントを指定します。

actimeo

ファイルおよびディレクトリー・エントリーが、更新後にファイル属性キャッシュに保持される絶対時間。この値は、指定されると、それに続く * min  および * max  値をオーバーライドして、それらを実際に actimeo  値に設定します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする