*

ubuntu 16.04 lamp install

公開日: : 最終更新日:2018/02/09 未分類

Ubuntu 16.04にLinux、Apache、MySQL、PHP(LAMP)スタックをインストールする方法

ubuntuでLAMP構築

 

ステップ1:Apacheをインストールしてファイアウォールで許可する

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install apache2

グローバルServerNameに構文警告を表示しないように設定する

$ sudo vi /etc/apache2/apache2.conf

最終行に追記する

. . .
ServerName server_domain_or_IP

 

次に、次のように入力して構文エラーがないかどうかを確認します。

$ sudo apache2ctl configtest

変更を実装するためにApacheを再起動してください:

$ sudo systemctl restart apache2

Webトラフィックを許可するようにファイアウォールを調整する

次に、初期のサーバー設定手順に従ってUFWファイアウォールを有効にした場合、ファイアウォールでHTTPトラフィックとHTTPSトラフィックが許可されていることを確認します。UFWにApache用のアプリケーションプロファイルがあることを確認するには、次のようにします。

$ sudo ufw app list

Output

Available applications:
  Apache
  Apache Full
  Apache Secure
  OpenSSH

Apache Fullプロファイルを見ると、ポート80と443へのトラフィックを有効にすることが示されます。 $ sudo ufw app info "Apache Full"
Output
Profile: Apache Full
Title: Web Server (HTTP,HTTPS)
Description: Apache v2 is the next generation of the omnipresent Apache web
server.
Ports:
  80,443/tcp

このプロファイルの着信トラフィックを許可する:

$ sudo ufw allow in “Apache Full”

表示テスト

http://your_server_IP_address

 

ステップ2:MySQLをインストールする

インストール中、サーバーはMySQLの “root”ユーザーのパスワードを選択して確認するように求めます。これは、MySQLの管理アカウントで、特権が増強されています。これをサーバー自体のrootアカウントと似ていると考えてください(ただし、今設定しているアカウントはMySQL固有のアカウントです)。これが強力で一意のパスワードであることを確認し、それを空白のままにしないでください。

$ sudo apt-get install mysql-server

インストールが完了したら、簡単なセキュリティスクリプトを実行して危険なデフォルトを削除し、データベースシステムへのアクセスを少しロックします。次のコマンドを実行して対話型スクリプトを開始します。

$ mysql_secure_installation

最初にrootのパスワードを入力する

Enter password for user root:

匿名ユーザーアカウントを削除

Remove anonymous users?
ローカルホスト以外からアクセス可能な root アカウントを削除
Disallow root login remotely?

test データベースの削除
Remove test database and access to it?

ステップ3:PHPをインストールする

$ sudo apt-get install php libapache2-mod-php php-mcrypt php-mysql

$ sudo vi /etc/apache2/mods-enabled/dir.conf

<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.php index.html index.cgi index.pl index.xhtml index.htm
</IfModule> 

$ sudo systemctl restart apache2 
$ sudo systemctl status apache2
phpモジュールのインストール 
$ sudo apt-get install php-gd php-mysql

ステップ4:WebサーバーでのPHP処理のテスト

$ sudo nano /var/www/html/info.php

<?php
phpinfo();
?> http://your_server_IP_address/info.php

 

 

関連記事

no image

namazu 検索結果のリンク切れ

cd /var/www/namazu/index rm * vi /usr/local/

記事を読む

no image

ルーターの設置設定

ルーターを既存LANにいきなり参加させてもログイン出来ないことが多い 理由はIPがバッティング

記事を読む

no image

freepbx cdrレポート mail送信 文字化け

以前から気になっていたが解決方法がわからなかった mysqlを勉強し始めたら原因がわかった

記事を読む

no image

raspbian でwii を使う

ほとんどserver用途なのでwifiは必要ないが vi /etc/network/inter

記事を読む

no image

ubuntu usbメモリにインストールして使う

ポイント まえもってインストールするUSBメモリにfat32とext4のパーティションをGParte

記事を読む

no image

pptpの移設

getaway のIPを変更する /etc/ppp/startpptp.sh の中のgatew

記事を読む

no image

リトルカブ PB16 キャブレター調整

81ccにボアアップでキャブレターもSP武川のPB16に交換した 調整はアイドルスクリューを回

記事を読む

no image

asus chromebox まとめ

作業前にリカバリSDカードを作成しておく 忘れるとにっちもさっちもいかなくなる、注意

記事を読む

no image

日本の男子サッカー日本代表

弱いのに放送局はスポンサーのために強いように見せかけている。 もう興味がなくなった。 &

記事を読む

no image

月に一度tarにまとめてwordpressを含めた/var/wwwをバックアップ

tar -czpvf /media/usb0/ubuntu_www_wp_backup.tar.gz

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
rear レスキュシステムプログラムとバックアップファイルをひとつのisoファイルにまとめる

vi /etc/rear/local.conf OUTPUT=I

no image
rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する /usr/sbin/rear

no image
rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レ

no image
rear backup 日次 週次 月次 バックアップ

/etc/rear内にdaily、weekly、monthlyディレク

no image
Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド

ここにlinuxを管理するための手順が書かれている  

→もっと見る

PAGE TOP ↑