Ubuntu 16.04 でGmail SMTPを使うようにPostfixを設定する方法

正常にインストールするためにはホスト名と完全修飾ドメイン名(FQDN)が正確に設定しないといけない

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install postfix
インターネットサイトを選ぶ

システムメール名はサーバー名.ドメイン名を入力する

$ sudo apt install -y mailutils
$ sudo vi /etc/postfix/main.cf

relayhost = 行から以下を削除する

ファイルの末尾に以下を追加します

relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_tls_CAfile = /etc/postfix/cacert.pem
smtp_use_tls = yes

パスワードとDBファイルの作成 パスワードとDBファイルの作成

sasl_passwd私たちの資格情報を保存するファイルを作成します。

$ sudo vi /etc/postfix/sasl_passwd

[smtp.gmail.com]:587 ckenko25@gmail.com:password

このpostmapコマンドでPostfix用のハッシュデータベースファイルを作成します
$ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

セキュリティを強化

$ sudo chown root:root /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db
$ sudo chmod 0600 /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db

証明書に署名する
$ cat /etc/ssl/certs/thawte_Primary_Root_CA.pem | sudo tee -a /etc/postfix/cacert.pem

テストメールを送信する
$ echo "Test Email message body" | mail -s "Email test subject" ckenko25@gmail.com

メールエラーログの確認
$ sudo tail /var/log/mail.log -n 200


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする