*

Ubuntu 16.04 でGmail SMTPを使うようにPostfixを設定する方法

公開日: : 最終更新日:2018/02/21 linux

正常にインストールするためにはホスト名と完全修飾ドメイン名(FQDN)が正確に設定しないといけない

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install postfix
インターネットサイトを選ぶ

システムメール名はFQDN名を入力する

 

 

$ sudo apt install -y mailutils
$ sudo vi /etc/postfix/main.cf

relayhost = 行から以下を削除する

ファイルの末尾に以下を追加します

relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_tls_CAfile = /etc/postfix/cacert.pem
smtp_use_tls = yes

パスワードとDBファイルの作成 パスワードとDBファイルの作成

sasl_passwd私たちの資格情報を保存するファイルを作成します。

$ sudo vi /etc/postfix/sasl_passwd

[smtp.gmail.com]:587 ckenko25@gmail.com:password

このpostmapコマンドでPostfix用のハッシュデータベースファイルを作成します
$ sudo postmap /etc/postfix/sasl_passwd

セキュリティを強化

$ sudo chown root:root /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db
$ sudo chmod 0600 /etc/postfix/sasl_passwd /etc/postfix/sasl_passwd.db

証明書に署名する
$ cat /etc/ssl/certs/thawte_Primary_Root_CA.pem | sudo tee -a /etc/postfix/cacert.pem

テストメールを送信する
$ echo "Test Email message body" | mail -s "Email test subject" ckenko25@gmail.com

メールエラーログの確認
$ sudo tail /var/log/mail.log -n 200


 

関連記事

no image

usb device ntfs 自動マウント

apt-get install ysbmount apt-get install ntfs-3

記事を読む

no image

linux audio system 仕組み

ALSAとは Advanced Linux Sound Architectureの略、

記事を読む

no image

ubuntuからgmailにメールが来なくなった

tail /var/log/mail.log で確認 Connection refused で

記事を読む

no image

tar 解凍 エラーで途中で止まる

拡張子tft を削除したらエラーはなくなった 容量の大きなファイルが原因か?

記事を読む

no image

hostsファイルなしに、ホスト名を指定してアクセスできるようにする avahi

各サーバが自前でDNSサーバのように、自身のIPアドレスと紐付いたホスト名を通知してくれる仕組

記事を読む

no image

raspberry upgrade 通知

apt-get install cron-apt vi /etc/cron-apt/confi

記事を読む

no image

ssmtp mail 送信

ssmtpは難しいpostfixなどを使わずにgmail経由でメールが簡単に送れる apt-g

記事を読む

no image

ubuntu 16.04 usb memory Data folderにしたい

ntfsでformatするとラベル名は変更できない ext4でformatする ラベル名を変

記事を読む

no image

Mondo Rescue for ubuntu

cd /usr/local/src wget ftp://ftp.mondorescue.org/

記事を読む

no image

ubuntu isc-dhcp-server error

option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4; 複数

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
rear レスキュシステムプログラムとバックアップファイルをひとつのisoファイルにまとめる

vi /etc/rear/local.conf OUTPUT=I

no image
rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する /usr/sbin/rear

no image
rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レ

no image
rear backup 日次 週次 月次 バックアップ

/etc/rear内にdaily、weekly、monthlyディレク

no image
Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド

ここにlinuxを管理するための手順が書かれている  

→もっと見る

PAGE TOP ↑