*

Ubuntu 16.04 のSystem Backup Relax and Recover

公開日: : 最終更新日:2018/02/08 linux

Relax-and-Recoverは起動可能なイメージを生成します。このイメージはシステムを再分割することができます。これが完了すると、バックアップからリストアを開始します。異なるハードウェアへの復元が可能です。したがって、Relax-and-Recoverは移行ツールとしても使用できます。

Relax -and-Recover(通称ReaR)は、主に、OS領域のシステムディスクの復旧を行うオープンソースソフトウェアです。

ベルギーのHewlett-Packardの技術者であるGratien D’haeseが開発に携わっており、歴史あるバックアップソフトウェアとして欧州では知られています。ReaRは、欧州で開催されるバックアップソフトウェアを主体としたカンファレンスや、Linuxのイベントなどで紹介されており、比較的設定が簡素で使いやすいソフトウェアとして知られています。ReaRは、一般的なx86サーバーに搭載されているUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)にも対応しており、BIOSマシンとUEFIマシンの両方に対応できるバックアップツールとして、現在もGratien D’haeseが主導で開発が進められています。

ReaRは、ブータブルなisoイメージやUSBメモリにインストールできるイメージファイルを作成することも可能です。復旧時は、ブータブルisoイメージを使って、リストア対象のサーバーを起動します。バックアップ対象マシンとは別に存在するNFSサーバーにReaRを使ってデータ(OS領域)をバックアップします。復旧時は、このNFSサーバー上のバックアップデータを使って、OS領域をリストアします。

公式サイト

公式サイト使用方法

参考サイト

 

各ディストロのパッケージがある

インストール

#  apt-get install devscripts debhelper

# apt-get install ethtool xorriso iproute isolinux dosfstools parted libisoburn1 libburn4 libisofs6 nfs-client portmap gawk attr keyutils nfs-common libsigsegv2 libjte1 libevent-2.0-5 libnfsidmap2 libtirpc1

# exit

$ cd ~

$ sudo su

# git clone https://github.com/rear/rear.git

# cd rear

# make deb

nfsを利用したBACKUP

# vi /home/ckenko25/rear/etc/rear/local.conf

OUTPUT=ISO

BACKUP=NETFS

BACKUP_URL=nfs://192.168.1.42/media/ckenko25/Backup/rear/

# reboot

サーバー側nfsの設定

# vi /etc/exports

/media/ckenko25/Backup/rear *(rw,no_root_squash)

# reboot

 

バックアップの取得

$ cd ~

$ sudo su

# cd rear

# usr/sbin/rear mkbackup -v

 

リストア

サーバー側192.168.1.42の/media/ckenko25/Backup/rear/ubuntu内のisoファイルをBraseroでCDに焼く

焼いたCDをクライアントubuntuで実行

Automatic …を実行する

あとは自動でリストアをやってくれる

クライアントはサーバーに保存されたbackup.tar.gzを利用してリストアを行う

注意

centos7で同様のことを行ったがリストアCD起動ではnetworkが認識されず☓であった

 

ローカルにBACKUP

# vi /home/ckenko25/rear/etc/rear/local.conf

OUTPUT=ISO

BACKUP=NETFS

BACKUP_URL=file:///media/ckenko25/Backup/rear/

 

設定値の説明

関連記事

no image

backup体制

ubuntu (wordpress www) /home/ckenko25/backup  このフ

記事を読む

no image

ubuntu hostname 変更

vi /etc/hostname ここに書かれているhostname名を変更する vi

記事を読む

no image

linux cで作ったコンパイル済みファイルの実行

./ファイル名 カレントフォルダのファイルはこれで実行できる

記事を読む

no image

ruby active_support install error

解決 gem install rails

記事を読む

no image

grep ack ファイル内 文字列の検索

# grep -rl "string" /path /path内にあるファイルを対象にstri

記事を読む

no image

linux find コマンドの使い方

find /探したいディレクトリ -name 検索キーワード find /探したいディレクトリ

記事を読む

no image

ubuntu クローン

まずパーティションを縮小する apt-get install gparted これで縮小

記事を読む

no image

dnsmasq の設定

vi /etc/dnsmasq.conf domain-needed ← ドメインの付加されて

記事を読む

no image

linux フィルタ

フィルタ フィルタは、パイプリダイレクトと出力を変更するコマンドです。filterコマンドは、パイ

記事を読む

no image

Ubuntu 16.04 でGmail SMTPを使うようにPostfixを設定する方法

正常にインストールするためにはホスト名と完全修飾ドメイン名(FQDN)が正確に設定しないといけない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
rear レスキュシステムプログラムとバックアップファイルをひとつのisoファイルにまとめる

vi /etc/rear/local.conf OUTPUT=I

no image
rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する /usr/sbin/rear

no image
rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レ

no image
rear backup 日次 週次 月次 バックアップ

/etc/rear内にdaily、weekly、monthlyディレク

no image
Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド

ここにlinuxを管理するための手順が書かれている  

→もっと見る

PAGE TOP ↑