ブラザーファックス FAX-575

3 Hook

電話番号とファックス番号をダイヤルします。

4 Hold/Caller

通話を保留にすることができます。

5 Redial/Pause

最後に呼び出した番号をリダイヤルします。 また、クイックダイヤル番号にポーズが挿入されます。

6 Search/Speed Dial

ダイヤルメモリに保存されている番号を検索し、
#と2桁の数字を押して、格納されている番号にダイヤルします。

7 Receive Mode

ファックス機が着信をどのように処理するかを選択するために使用します。

8 Resolution

ファックスを送信したり、コピーを作成するときに解像度を調整します。

9 Stop/Exit

ファックスを停止したり、操作をキャンセルしたり、メニューを終了したりします。 :ファクス開始ファクス送信などの操作を開始します。 ADF内のドキュメントを含むコピー/レポート:コピーを作成します。 ADFにドキュメントがない場合:[Reports]メニューにアクセスできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする