chan_mobile intel-nuc PLANEX BT-Micro4 で成功

これをさした

確認

lsusb

Bus 001 Device 005: ID 0a5c:21e8 Broadcom Corp. BCM20702A0 Bluetooth 4.0

./configure

make menuselect

chan_mobileを有効にします

make

make install

ラズパイに挿したBTドングル情報の確認
hcitool dev

周辺のBTデバイスのスキャン
hcitool scan

ペアの仕方

pair <your-phone-id>

port番号の確認方法

asterisk -rvvvvv

CLI> mobile search

スマホのBT設定画面を立ち上げておく

vi /etc/asterisk/chan_mobile.conf

[general] interval=30 ; デバイスに接続しようとする秒数

[adapter] id=blue
address=5C:F3:70:82:F7:AB ;hcitool dev命令で得られたMACアドレスを転記

[iphone] address=E4:98:D6:3A:19:AC ; hcitool scan命令で得られたMACアドレスを転記
port=8 ; 上記のポートを転記
context=from-mobile-custom-1 ; dialplan context for incoming calls
adapter=blue ; adapter to use
group=1 ; this phone is in channel group 1
;sms=no ; support SMS, defaults to yes
;nocallsetup=yes ; set this only if your phone reports that it supports call progress notification, but does not do it. Motorola L6 for example.

これはchan_mobileで正常動作したBTアダプタ(昨日買った)
PLANEX BT-Micro4
amazon.co.jp/gp/product/B00…
やっぱりモトローラチップだと正常動作するという仮説はあってそうだな。

スマホはiphone5sとmoto-Gでトランクに成功している

こつはBTをONにしただけではダメでスマホのBT設定画面を出しておく必要がある

freepbxでトランク

アプリケーション→接続→トランク→customトランクを追加→customの設定

 に下記を転記(送信)

参考サイト

下記の参考サイト

【Motorola製】
特徴 : 多くのメーカーが出しているがWindows8のstack(ドライバー)がない。最新のstackはVer.4.0.14.324。また802.11 Co-existenceをサポートしており、無線LAN(2.4G帯域)の電波干渉を抑えることがポイント。
PLANEX BT-Micro4 ( Bluetooth 4.0 Class 2 )
BUFFALO BSHSBD08BK ( Bluetooth 4.0 Class 2 )
サンワサプライ MM-BTUD40 ( 流通終了 / Bluetooth 4.0 Class 2 )
BUFFALO BSHSBD05BK ( 流通終了 / Bluetooth 3.0 Class 1 )
BUFFALO BSHSBD04BK ( Bluetooth 3.0 Class 2 )
PLANEX BT-Micro3E1X ( 流通終了 / Bluetooth 3.0 Class 1 )
PLANEX BT-Micro3E2X ( 価格高騰 / Bluetooth 3.0 Class 2 )

【Broadcom製】
特徴 : ネットワーク機器の分野において定評なBroadcom。Bluetoothも同様でLenovo ThinkPadシリーズなどに搭載されるなど海外では幅広く使われている。価格は若干高めだが、Windows8.1のstack(ドライバー)もあり最新のstackはBroadcomの 公式サイトよりダウンロードすればよい。
I-O DATA USB-BT40LE ( 人気 / Bluetooth 4.0 Class 2 / BCM20702 )
Kinivo BTD-400 ( 人気 / Bluetooth 4.0 Class 2 / BCM20702 )
GMYLE Bluetooth 4.0 USB ( Bluetooth 4.0 Class 2 / BCM20702 )
Inateck Bluetooth BTA-BC4B6 ( Bluetooth 4.0 Class 2 )
Asus USB-BT400 ( 価格高騰 / Bluetooth 4.0 Class 2 / BCM20702 )
Logitec LBT-UAN03C1BK ( 流通終了 / Bluetooth 3.0 Class 1 )
Logitec LBT-UAN03C2BK8 ( 流通終了 / Bluetooth 3.0 Class 2 )

chipsetがBroadcom製は端末側に音声が通らない

PLANEX BT-Micro4とiphone5sでchan_mobileに成功した

ただiphoneはペアリングが解除されて自動で再接続されない

moto-gはペアリングは解除されなかった

androidはbluetooth自動接続アプリがある

blutoothのペアリング方法

#bluetoothctl … bluetooth設定を起動

[bluetooth]# scan on …デバイスが見つからない場合はスキャンをします

[CHG] Device XX:XX:XX:XX:XX:XX

[bluetooth]# scan off … デバイスのスキャンを停止

[bluetooth]# pair XX:XX:XX:XX:XX:XX … 見つかったデバイスに対してペアリング要求

ペアリング成功

[bluetooth]# trust XX:XX:XX:XX:XX:XX … 次回起動時に自動接続できるよう、trustする

iphone5sではスリープに入ると20〜30分程度で接続が解除されて自動で復帰してくれない

なのでスリープを解除した、画面を一番暗くした

文字を大きく、太くした

コントローラの電源起動と停止

ペアリングと接続

その他のコントローラのコマンド

  • select (ctrl) : コントローラ (ローカルの BT) 選択
  • discoverable (on/off) : on で発見可能にする
  • agent (on/off/capability) : リモートデバイスからペアリングを行う時使う。
  • default-agent : リモートデバイスからペアリングを行う時使う。
  • pairable (on/off) : ペア機能の ON/OFF

その他のデバイスのコマンド

  • remove (dev) : ペアリングの削除
  • disconnect (dev) : デバイス切断

bluetoothは2,4GHzでありwifiの2.4GHzと干渉する

なので接続がそっちゅう切断する場合はwifi2.4GHzをなくなす必要がある

なくしたら切断しなくなった

ただ電子レンジが動くと切断してしまう(対策レンジから距離を置く)

BTアダプタとスマホのペアリング方法

#bluetoothctl

以下のようにBTアダプタのIDが出る

[NEW] Controller 00:1B:DC:05:D4:57 chromebox3 [default]

MAC ID: 00:1B:DC:05:D4:57 を/etc/asterisk/chan_mobile.confに記述する

スマホのBT設定画面を立ち上げてBTをONにする

#power on

#scan on

そうすると以下のようにスマホのIDがでる

[NEW] Device E4:98:D6:3A:19:AC iPhone

MAC ID:E4:98:D6:3A:19:AC を/etc/asterisk/chan_mobile.confに記述する

BTアダプタとスマホのペアリングを行う

[bluetooth]#pair E4:98:D6:3A:19:AC (スマホのID)

スマホにペアリング要請が出るので許可する

[bluetooth]#trust E4:98:D6:3A:19:AC (スマホのID)

[bluetooth]#exit

vi /etc/asterisk/chan_mobile.conf

[adapter] id=blue
address=00:1B:DC:05:D4:57 ;BTアダプタ
;forcemaster=yes ; attempt to force adapter into master mode. default is no.
;alignmentdetection=yes ; enable this if you sometimes get ‘white noise’ on asterisk side of the call
; its a bug in the bluetooth adapter firmware, enabling this will compensate for it.
; default is no.

[iphone] address=E4:98:D6:3A:19:AC ;スマホのMAC ID
port=4 ; the rfcomm port number (from mobile search)
context=incoming-mobile ; dialplan context for incoming calls
adapter=blue ; adapter to use
group=1 ; this phone is in channel group 1
;sms=no ; support SMS, defaults to yes
;nocallsetup=yes ; set this only if your phone reports that it supports call progress notification, but does not do it. Motorola L6 for example.

chown asterisk:asterisk /etc/asterisk/chan_mobile.conf

次にポートの変更を行います。
以下のコマンドを入力しましょう。

#amportal restart
#asterisk -rx “mobile search”

いかが表示される

Address Name Usable Type Port
68:C4:4D:4A:CB:9D [Moto G (4) (694)]0 Yes Phone 3

chan_mobile.conf内のスマホのportを3に変更する

#amportal restart

#asterisk -rx “mobile show devices”
以下のように表示されたらOK
ID Address Group Adapter Connected State SMS
moto-g4-plus 68:C4:4D:4A:CB:9D 1 blue Yes Free No

iphoneのペアリングは解除された場合自動復帰しないがサーバーの横に置いとけば解除はされない

AACとapt-Xに対応したサンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ(class2) MM-BTUD44も成功した

これはCSRチップである

CSRもOKみたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする