ubuntu 16.04 samba

apt-get install samba samba-common python-glade2

グラフィックの設定ツールが必要な場合

apt-get install system-config-samba

元のファイルのオーナー、グループ、パーミション、タイムスタンプを保持しコピー先に同じ名前のファイルがあっても警告なしで上書きをする。

cp -pf /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.bak

空のsmb.confを作る

cat /dev/null > /etc/samba/smb.conf

vi /etc/samba/smb.conf

[homes] comment = Home Directories
browseable = yes
valid users = %S

[USB-HDD0] comment = USB HDD0 Directories
path = /media/usb0
valid users = @smbgrp
guest ok = no
writable = yes
browsable = yes

セキュリティで保護されたsambaを作る

グループsmbgrpを作る

addgroup smbgrp

ckenko25をsmbgrpグループに入れる

gpasswd -a ckenko25 smbgrp

sambaユーザーを作る

smbpasswd -a ckenko25

mkdir -p /samba/secured
cd /samba

オーナーとグループ員以外はアクセスできない
chmod -R 0770 secured

securedフォルダの所有者をroot グループをsmbgrp
chown root:smbgrp secured

vi /etc/samba/smb.conf

#以下を追記
[secured]

comment = Secured Directories

path = /samba/secured

valid users = @smbgrp

guest ok = no

writable = yes

browsable = yes

sambaの再起動

restart smbd
restart nmbd

systemctl restart smbd.service nmbd.service

sambaの設定ファイルチェック

testparm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする