raspberry pi 時刻が合わない

raspberry pi は電池で時刻を保存する機能(RTCハードウェア)がない

ntpで時刻を合わすしかない

インターネットに接続できていない状況では時刻が合わない

ntpは初期の1970年状態では機能しないらしい

そこでake-hwclockをインストールする

ake-hwclockはRTCハードウェアを使わずにマシンのシステムクロックを保存/復元する

ntpは1000秒(33.3分)以上の誤差の場合は時刻合わせをしないらしい
購入後に立ち上げた後、なにもしないと時刻は合っていない

したがってntpdateで時刻を合わす必要がある

これで通常の使用では問題はない

しかしシャットダウン後33.3分以上ネットに接続できない状況が続けば時刻合わせができない状況に陥る

これで起動時に時刻合わせをしてくれる

これとntpとfake-hwclockをインストールすれば完璧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする