samba 設定 smb.conf

vi /etc/samba/smb.conf

[global]

#sambaサーバ側の文字コードを指定
unix charset = UTF-8

#SWATというWEBからsambaを設定するツールで表示される文字コードを指定
display charset = UTF-8

#Windows側の文字コードを指定
dos charset = CP932

#workgroupはドメインに類似

workgroup = LIS

#ユーザー認証モードになる

security = user

#map to guest の設定で、ユーザー認証にこけた場合、ゲストアカウントとして、アクセスするようになる

map to guest = Bad User

#windowsの名前解決を担うサーバーアドレスを指定する、同一ネットワーク内には1台だけにする

wins server = 192.168.1.2

[homes] comment = Home Directories
browseable = yes
create mask = 0644
directory mask = 0755
valid users = %S
writable = yes

[secured] comment = Secured Directories
path = /srv/samba/secured
valid users = @sambashare
guest ok = no
writable = yes
browsable = yes

sambaユーザーの登録

smbpasswd -a ユーザー名

ckenko25ユーザーをsambashareグループに登録

gpasswd -a ckenko25 sambashare

sambaの再起動

#ubuntu

service smbd restart

#debian

/etc/init.d/samba restart

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする