*

samba 設定 smb.conf

公開日: : 最終更新日:2016/12/28 linux

vi /etc/samba/smb.conf

[global]

#sambaサーバ側の文字コードを指定
unix charset = UTF-8

#SWATというWEBからsambaを設定するツールで表示される文字コードを指定
display charset = UTF-8

#Windows側の文字コードを指定
dos charset = CP932

#workgroupはドメインに類似

workgroup = LIS

 

#ユーザー認証モードになる

security = user

#map to guest の設定で、ユーザー認証にこけた場合、ゲストアカウントとして、アクセスするようになる

map to guest = Bad User

 

#windowsの名前解決を担うサーバーアドレスを指定する、同一ネットワーク内には1台だけにする

wins server = 192.168.1.2

 

[homes]
comment = Home Directories
browseable = yes
create mask = 0644
directory mask = 0755
valid users = %S
writable = yes

 

[share]
    comment = Share Directories
    path = /srv/samba/share
    browsable = yes
    guest ok = yes
    read only = no
    create mask = 0755

[secured]
comment = Secured Directories
path = /srv/samba/secured
valid users = @sambashare
guest ok = no
writable = yes
browsable = yes

sambaユーザーの登録

smbpasswd -a ユーザー名

ckenko25ユーザーをsambashareグループに登録

gpasswd -a ckenko25 sambashare

 

sambaの再起動

#ubuntu

service smbd restart

#debian

/etc/init.d/samba restart

 

関連記事

no image

debian apt-get update error

apt-get update でエラーが出るときは cd /etc/apt/sources.l

記事を読む

Ubuntu BackUp Restore バックアップ リストア

バックアップの仕方 まずスーパーユーザーになり, ルートディレクトリに移動します。 su

記事を読む

no image

centos 7 install

まーやっかいなcentos 簡単にインストールできない インストールできるまで12時間、

記事を読む

no image

SquirrelMail

apt-get install squirrelmail squirrelmail-configu

記事を読む

no image

ubuntu リリースアップグレード release upgrade

sudo do-release-upgrade 14.04から16.04にアップグレードした

記事を読む

no image

ubuntu hostname 変更

vi /etc/hostname ここに書かれているhostname名を変更する vi

記事を読む

no image

Ubuntu 16.04 でGmail SMTPを使うようにPostfixを設定する方法

正常にインストールするためにはホスト名と完全修飾ドメイン名(FQDN)が正確に設定しないといけない

記事を読む

no image

fsck

マウントされたファイルシステムでfsckを実行しないでください。fsckは、1つまたは複数のLinu

記事を読む

no image

ubuntu 16.04 usb memory Data folderにしたい

ntfsでformatするとラベル名は変更できない ext4でformatする ラベル名を変

記事を読む

no image

ブラザープリンター 登録 ubuntu

cupsに登録されたプリンターはクライアントに自動で登録されるようだ MFC-J825Nは自動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
rear レスキュシステムプログラムとバックアップファイルをひとつのisoファイルにまとめる

vi /etc/rear/local.conf OUTPUT=I

no image
rear backup usbメモリにレスキュシステムとバックアップをusbメモリにまとめる

このusbひとつリストアが完了する /usr/sbin/rear

no image
rear backup

レスキューシステムとバックファイルの両方をバックアップで作る レ

no image
rear backup 日次 週次 月次 バックアップ

/etc/rear内にdaily、weekly、monthlyディレク

no image
Red Hat Enterprise Linux 7 システム管理者のガイド

ここにlinuxを管理するための手順が書かれている  

→もっと見る

PAGE TOP ↑