raspberry pi hostapd wifi アクセスポイント化

raspbianをダウンロード

SDカードに焼く

rpi-update

apt-get update

apt-get upgrade

reboot

apt-get dist-upgrade

ケーブルの接続

eht0はインターネットにつながる有線

wlan0を固定IPにする ここにアクセスする

vi /etc/network/interfaces

アクセスポイント化するソフトにインストール

apt-get install hostapd

設定ファイル

zcat /usr/share/doc/hostapd/examples/hostapd.conf.gz > /etc/hostapd/hostapd.conf

設定ファイの変更

vi /etc/hostapd/hostapd.conf

vi /etc/default/hostapd

DAEMON_CONF=”/etc/hostapd/hostapd.conf”

ルーティングを有効にする

vi /etc/sysctl.conf

iptablesの設定 下記を入力する

ルーティングテーブルを/etc/iptables.ipv4.natに保存

sh -c “iptables-save > /etc/iptables.ipv4.nat”

ルーティングテーブルを起動時に適用する

vi /etc/rc.local

iptables-restore < /etc/iptables.ipv4.nat

再起動

reboot

確認

windowsのパソコンを固定ipに変更してインタネットに接続できればOK

アクセスポイントに接続した場合にIPを自動で配布

apt-get install isc-dhcp-server

vi /etc/dhcp/dhcpd.conf

 wlan0側にのみDHCPサービスを提供

vi /etc/default/isc-dhcp-server

INTERFACES=”wlan0″

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. hamada より:

    質問させていただきます。
    これはGW-450Dでraspberrypiを使って
    hostapdができたのですか?

  2. hamada より:

    お返事ありがとうございます。
    この方法ですとdriverをhostapd.confで指定してないですよね?
    それでもできるんですか?
    またgw-450Dでhostapdはやってないですか?