車検のDIY バモスのユーザー車検 2011年3月3日受け

車検場

  • 場所:軽自動車検査協会 兵庫事務所(私の住んでいるところから約5分でいける場所 第二神明道路玉津インター南側)
  • 兵庫県神戸市西区玉津町居住字孫田67-1
  • 電話番号:078-927-3648
  • 車検の予約

  • 車検の予約はネットで行う
  • 必要書類を前日に購入して記入した

  • 継続検査申請書の記入例
  • 自動車重量税納付書の記入例
  • 準備

  • 高圧洗浄機で車の下周りを洗浄した。
  • 荷物を降ろした。(原則は空車状態で車検を受ける。二回目のユーザー車検では荷物を載せたままで合格した。)
  • 必要書類

  • 継続検査申請書(OCRシート)  購入
  • 車検書
  • 自動車損害賠償責任保険 保険屋さんから購入
  • 点検整備記録簿       タイヤ溝は記入しなくてもOK 購入
  • 軽自動車税納税証明書(滞納で督促状で支払うと区役所で納税証明書を貰う必要がある)
  • 自動車重量税納付書     購入
  • 軽自動車検査票       予約用紙を見せるともらえる
  • 車検当日

  • 5分ほど車検手順を見学した。
  • コース(左側)がユーザー車検向きのコースです
  • 手前の事務所棟で
  • 重量税の印紙を8,800円で購入
  • 検査料1,400円を支払う
  • リサイクル券を自分で発行機で発行する。ナンバープレート情報と車台番号の下4桁を入力する。この用紙で窓口で料金を支払う、これは一回きりです。
  • 奥の事務所棟で印刷済みの予約用紙を見せると軽自動車検査票がもらえるのでこれに記入する
  • 軽自動車検査票の記入例
  • 車に乗り込み検査コース1番に並ぶ
  • 検査官の声がよく聞こえるように窓を開けておく
  • ボンネットを開けておく(検査官が車台番号を確認するため)
  • まずは黄色のラインに沿ってゆっくり進む
  • 上の表示版をよく見て車を操作する
  • 黄色のローラー上に前輪タイヤを乗せドライブにオートマを入れアクセルを吹かし40kmで安定させてパッシングライトを照らす(パッシングの仕方を確認しておく)。 ハンドブレーキはしっかり引くようにする、あとは指示に従う
  • 前進する排ガス検査 車から降りて、検査プローブを排気ダクトに差し込む。検査用紙を記録する
  • 前進する 検査官による下回りの検査(乗車のままリフトアップされる)
  • 車を駐車場で停車して車検書を受け取る
  • 費用

  • 継続検査書類一式      60円
  • 自動車重量税      7,600円
  • 検査料         1,400円
  • 自動車損害賠償責任保険 18,980円
  • 光軸が不合格になったとき

  • 光軸検査に不合格になった場合は近くの自動車屋さんで調整してもらう
  • 検査ラインのスタートライン右手に検査項目ランプがあるので光軸検査ランプスイッチを押してから検査を開始する。
  • 当日の再検査は無料で出来る。
  • 3007年2月22日(木)に2回目のユーザ車検を受けた。ライトの検査が不合格になった。
  • 近くの吉川自動車で光軸の調整をしていただいた。料金は1,300円
  • 午後1時に到着、1時50分に終了。
  • 前回いただいたリサイクル券も書類に添付する必要があった。
  • 荷物を積んだまま、キャリアもつけたままで合格した。
  • 後書き

  • 前回、光軸で不合格で光軸を調整したので今回は光軸に問題はなかった。
  • もう車検はなれました。