車のDIY 車用バッテリーのまとめ

  • 現在はカルシウムバッテリーを選ぶのがベスト
  • 鉛バッテリーはなかなか丈夫ですが、満充電状態でも低電流ならば平気です
  • 充電完了時、バッテリー電圧は14~15Vあるか?
  • 次回充電する前に計り、電圧は12V以上あるか?
  • 普通充電はバッテリー容量の1/10の電流で充電するのが原則です
  • 急速充電はバッテリー容量の1/1の電流で充電します。充電時間はバッテリーサイズに関わらず、最大30分間までとしてください。30分以上の充電は、バッテリーを大きく痛めます。
  • いつも満充電状態が理想
  • バッテリーは10.5Vになると放電を停止します。
  • 走行直後は、充電直後と同じで、高めの電圧を指示します。一晩程度置いてから電圧測定すると、より正確なバッテリー充電率が分かります。
  • 充電しても12.5V以下の場合交換
  • 12.5V以下なら充電要
  • 12.6Vで容量は100%
  • 12.4Vで容量は75%
  • 12.2Vで容量は50%
  • 12.0Vで容量は25%、即充電する
  • 11.5Vで容量は0%
  • 充電方法参考サイト
  • バッテリー充電の考え方ですが充電は川を流れる水と同じに考えてください。 つまり、水は山坂ですと高いところから低いところに流れます。 単純に言いますと、12Vの高さに電気を流すには12Vより高くないと行きません。 また、川の太さは、電流の大きさと考えますと、1Aより2Aの方が早い時間に多くの電気が行くと言うことになります。 但し、バッテリーに極端に高電圧高電流を流しますと、川がけっかいしたりするので、そこを注意しないといけません。 いたわり充電をするのであれば、13.5~14Vくらいで、0.3A位の電流で充電するのがよいのではないでしょうか。
  • エンジンをかけるには12V必要
  • 自己放電で50%まで容量がへる時間は周囲温度が40℃で約3ヶ月、周囲温度が30℃で約8ヶ月、周囲温度が25℃で約12ヶ月
  • バッテリーは、外気温25度で100%の性能を出します。1度変化する度に、1%性能が下がります。早朝気温5度の時は、80%の性能しかありません。
  • 古いバッテリーで60%の性能しかなくなっているとスキー場などに行くとバッテリ上がりを起こす
  • バッテリー容量がわからない場合の充電電流目安
  • 寿命の判断の目安は、一度きちんと充電しても数日でセルモーターの勢いが無くなるようなら寿命と判断し、交換した方が良いと思います。
  • 実用上は確実なエンジン始動が出来れば良いわけで、毎朝快調にエンジンが掛けられれば寿命ではないと考えて不都合が無い使用環境もあるでしょう。
  • 各種バッテリーの特徴
  • カルシウムバッテリーは自己放電が少ない、寿命が3倍、欠点は突然死する
  • セルモーターを回すには、 12.4V以上が必要で、 これ以下でまわすとバッテリーを痛めます。充電してから使いましょう。
  • エンジンの始動後の電圧は、13.5V~14Vです。13V以下なら発電機もしくはバッテリーの不良です。修理交換しましょう。
  • 発電機の最大電圧は15Vに設定されています。エンジンの回転数は1500rpm以上にしないと充電しません。アイドリングでは、充電できません。
  • 厳密には満充電状態(気温20℃)では12.72Vです。
  • アクセルを少し踏んで1,300回転あたりから安定して14V以上になればオルタネータが正常作動していると言う事になります。
  • 負荷なしで電圧11.6V以下になるとヤバイそうです。
  • 充電直後はバッテリーの端子電圧も見かけ上、上昇します。正確な電圧は充電後に30分程時間をおいてから計測してください。
  • 新品のバッテリーの電圧は、エンジン始動前で12.5V~13Vあり、これが正常な電圧になります。 12Vを切るとかなり劣化が進んでおり、11V台前半になると寿命です。
  • 電圧計を取り付けてセルモーターを廻した時の電圧の下がり具合を観察すればバッテリーの状態が判断できると思います。
  • 電圧計と直接測定と0.3V低く電圧計は表示した。
  • 負荷なしで電圧11.6V以下だと完全放電で要交換になります。
  • 内容液の比重は充電すれば変わるので、比重による判定は参考程度です。 また電流・電圧も寿命とは直接関係ありません。最後に満充電してからどのくらい時間が経過したかで全然変わってきます。
  • またアクセルを踏むとライトが明るくなるようならばバッテリーは疲れています。
  • バッテリーを使用しない状態(エンジンをかけず、電装品の電源はすべてOFFにしておく、つまり無負荷)でバッテリーの端子電圧を測定します。標準では12.6Vですが、充電状態や気温によって多少変わります。
  • 次にエンジンはかけずにヘッドライトを点灯させます。その他のすべての電装品の電源はOFFにします。OFFにできないものがあれば、それはそれで結構です。このときのバッテリーの端子電圧を測定します。
  • 測定結果の差(電圧の低下分)を出します。この差が大きいほど劣化は進んでいます。
  • バッテリーの寿命は、スタンド・カー用品店では「1年」、バッテリーメーカーでは「3から5年」、輸送業界では「8年」です。
  • バッテリー液を入れて、充電不足(走行が少ない)の場合は「バッテリー内の電極に硫酸鉛が付着」で電気・電子が流れなくなり性能が低下します。(サルフェーション現象)が、定期的に充電(走行)していれば「硫酸鉛は化学変化で消滅」します。 (パルス波装置つき充電器で、強制的に硫酸鉛を除去したのが再生バッテリー)
  • バッテリーは外気温25度で100%の性能を発揮します。外気温が1度下がれば、1%性能が下がります。 早朝の外気温が5度の場合、既に80%の性能しかありません。 充電100%で80%の性能ですから、充電不足のバッテリー(例えば80%程度の性能)だと、既に60%の性能しか発揮出来ませんね。これでは、当然セルは回りません。 この事実を自動車メーカーは知っていますから、寒冷地仕様では「販売時からバッテリー容量を上げて」います。
  • バッテリーは10.5Vで放電を止めるようになっております
  • 過放電を避けて使用後すぐに充電を行い、いつも充電容量を満たしておく運用が望ましい 深い放電を行うと劣化が早く、そのような使い方をすれば数回程度の使用で使用不能に陥るおそれもある
  • 鉛蓄電池は放電し切ると、負極板表面に硫酸鉛の硬い結晶が発生しやすくなる。 この現象はサルフェーション(白色硫酸鉛化)と呼ばれる。 負極板の海綿状鉛は上述のサルフェーションによってすき間が埋まり、表面積が低下する。 硫酸鉛は電気を通さず抵抗となる上に、こうした硬い結晶は溶解度が低く、一度析出すると充放電のサイクルに戻ることができないので、サルフェーションの起きた鉛蓄電池は十分な充放電が行えなくなり、進行すると使用に堪えなくなる。
  • 気温が低いとバッテリー内部の化学反応が鈍るので、本来そのバッテリーが持つ性能を100%発揮できなくなってしまいます。 気温が低ければ低いほどその傾向は強くなります。 例えば、外気温0℃のときは、本来そのバッテリーが持つ容量の約80%しか使うことができません。
  • バッテリーは消耗品ですから、当然時間・走行距離の経過とともに容量も減少します。 消耗して容量80%になったバッテリーの場合、 外気温が0℃のとき、80%の容量のさらに80%で本来の約64%の容量しか使えなくなるのです。
  • ちなみに-30℃にもなるとなんと通常の50%、約半分の容量しか使えなくなってしまうのです。 消耗したバッテリーでスキー場に行くことなどもってのほかです。
  • MFバッテリーは車両の充電回路電流はバッテリー容量の1/10ぐらいなので、 MFでもバッテリー容量の1/10以下の電流での充電でしたら心配ないです。
  • 車用のバッテリーだったら開放式専用の充電器でも3A程度でゆっくり充電したら意外と普通に充電出来る。