家電のDIY 玄箱PRO KURO-BOX/PRO をZ3000の録画HDDにする

HDDを取り付ける

  • 玄箱PROはファン音がおおきく気になります、出来れば2.5HDDを用意したほうが幸せになります。
  • 冬と夏でHDDを変更する方法もあります
  • HDDを取り付けて電源を入れます
  • HDD初期化スイッチを5秒以上押すと音がするのでしこで離す(sambaに登録完了)
  • 固定IPにする

  • ピーといったらtelnetでログインする
  • 192.168.11.150 root パスワード:kuroadmin
  • vi /etc/netinfo
  • 初期状態はDHCP my_ipaddress=dhcp my_subnetmask= my_dgw=
  • 自分の環境にあった固定ipにする my_ipaddress=192.168.1.40 my_subnetmask=255.255.255.0 my_dgw=192.168.1.1 my_dns1=8.8.8.8
  • インターネットに接続をする

  • REGZAがインターネットに接続できるようにする
  • 近くのHUBか無線LANのLAN口に接続してやる
  • これで自動でIPを取得するのだろう
  • ピーといったらtelnetでログインする
  • 玄箱PROを接続する

  • SAMBAの設定は変更する必要はない
  • 汎用LAN端子に接続する(後ろから見てHDD専用の右のLAN端子に接続する)
  • リモコンで登録をすればOK
  • REGZAのIP

  • インターネットに接続していない状態ではIPが消失してしまい、LANHDD専用を認識できなくなった
  • 通信環境→LAN端子設定で固定IPを設定するとOKになった
  • ファンの音が騒がしい

  • Fanの回転数を制御する
  • /usr/local/sbin/miconapl -a temp_get これで現在の温度を取得する
  • vi /etc/fan.prof で設定する
  • hddブート環境」作成時の問題

  • パーティションテーブルを完全に初期化するには、PCへ接続してHDD消去ツールを使うか、KURO-BOX/PROに取り付けて次のコマンドを実行してください。
  • dd if=/dev/zero of=/dev/sda bs=1M count=1
  • rootのパスワードを変更する

  • passwd root でパスワードを変更する
  • ファームウェア(NAND型フラッシュメモリ)初期化方法F/W1.02

  • ファームウェア(NAND型フラッシュメモリ)初期化方法
  • u-boot環境変数の初期化手順例(参考情報)

  • u-boot環境変数の初期化手順例(参考情報)
  • telnetでログインできなくなったら

  • 前面の蓋を開けてシリアルコンソールを下の白い端子につなぎパソコンのUSBに反対側をさしてやる
  • WindowsのUSBドライバーは自動でインストールできる
  • teratermを起動する、シリアルポートを選択する
  • 通信速度を115000に設定する
  • kuroの電源を入れるとがめんに起動情報が表示される
  • REGZA Z9000

  • Workgroupはなんでもよい
  • ユーザー名はKURO-BOX/PROに登録されているnobody
  • パスワードは空白
  • flash bootが出来るようにする

    Marvell>> ←プロンプトが出る
    
    
    これが出れば、回復は可能だと思います。
    
    私の場合は、同じく’フラッシュメモリからブートするには’を見て(以下抜粋)
    
    Marvell>> setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5 
    Marvell>> setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset);bootm $(default_kernel_addr)' 
    Marvell>> setenv nand_boot yes 
    Marvell>> setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver) 
    Marvell>> boot 
    
    でフラッシュメモリーからブートできる事を確認できたら、
    再度電源を切断して、同じことを行います。
    Marvell>> setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5 
    Marvell>> setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset);bootm $(default_kernel_addr)' 
    Marvell>> setenv nand_boot yes 
    Marvell>> setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver) 
    まで行ってから(ここまでは全く同じ)
    Marvell>> saveenv 
    で一旦セーブしてから、(変更内容を記憶させる点が、前回とは異なります)
    Marvell>> boot 
    

    発熱

  • 電源部の発熱が温度上昇の要因
  • 東芝の2.5inch HDDは熱を持っていなかった
  • 室温20度で温度を計測すると36度あった
  • 参考サイト

  • 参考
  • KURO-BOX/PRO
  • flash boot