サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

健康管理

スポンサーリンク
健康

健康にいい食べ物ランキングベスト10

1位 ヨーグルト 2位 青魚 3位 トマト 4位 納豆 5位 ブロッコリー 6位 りんご 7位 シイタケ 8位 大豆 9位 のり 10位 わかめ
健康

健康によい食品、悪い食品

脳卒中、心筋梗塞、がんなどのリスクを下げると現在考えられている食品 数多くの信頼できる研究によって本当に健康に良い食品 (1)魚 (2)野菜と果物(フルーツジュース、じゃがいもは含まない) (3)茶色い炭水化物 (4)オリーブオイル (5)ナッツ類 体に悪いという科学的根拠がある食品 (1)赤い肉(牛肉や豚肉のこと。鶏肉は含まない)と (2)加工肉(ハ...
健康管理

簡単便利 血圧測定

中年以降は血圧が上がって来る これとスマホでスマホに記録を残せる 設定はアプリをいれてスマホで行う
2018.10.24
健康管理

ヨーグルトは水分を抜いたほうがおいしく食べられる

カスピ海ヨーグルトを購入 ヨーグルトメーカーで作る これで水分を取る りんごを加えて食べる りんごを小さく切り、ヨーグルトを絡めて食べる。 水分を抜いたヨーグルトは美味しい。 アマゾン ホーム&キッチンのベストセラー
2018.10.24
健康管理

降圧剤に副作用リスク、老化進め命を縮める恐れあり

これまで、上が140に届かなければ大丈夫といわれていた高血圧の基準が、2019年4月の高血圧治療ガイドライン改訂で、130に引き下げられそうな雲行きだ。もし診断基準が変更されると、現在は4300万人と推計されている日本の高血圧患者数は、6300万人と激増し、日本人の半数が高血圧患者となってしまう。 そうなると、来年4月以降、降圧剤を服用する人が増えることも予想される。現在すでに70歳以上の2...
健康管理

魚食べないと大動脈病に、筑波大 死亡リスクは約2倍

魚をほとんど食べない人は食べる人に比べ、大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが約2倍になるとの研究結果を、筑波大と国立がん研究センターのチームが15日発表した。少なくとも月に1~2回食べればリスクは高まらなかった。 チームの山岸良匡筑波大准教授(社会健康医学)は「魚の摂取が心臓病を抑えることは知られているが、大動脈の病気を防ぐことを示したのは初めてだ」と話した。 国内の8研究に参加した...
2019.04.21
健康管理

血糖値スパイク

血糖値 無糖ヨーグルトなら92g。これがどのくらいかというと、カップ2分の1ほどです。そして牛乳なら100mlです。これで血糖値の上昇を3割~4割に抑えられます。 もともと乳酸菌には、血糖値の上昇を抑える作用があることは知られている。特にある種の乳酸菌を含むヨーグルトは、その効果が高い。 運動療法 運動療法については、米国で面白い研究結果があります。 ジョージ・ワシントン大学の研究チーム...
2018.09.10
健康管理

医学的に「健康に良い食べ物」は5つしかない

健康管理 炭水化物 「健康に良い炭水化物」とは、玄米、全粒粉、蕎麦のように精製されていない炭水化物のことであり、「健康に悪い炭水化物」とは、白米、小麦粉、うどんのように精製されている炭水化物(砂糖もこれに含まれる)のことである。 緑黄色野菜 βカロテンを含んだ緑黄色野菜そのものは病気の予防に役立つと考えられているものの、緑黄色野菜からβカロテンを抽出しサプリメントとして摂取すると、逆に...
2019.03.25
健康管理

白米と糖尿病の関係

日本人は何事も「食べすぎなければ大丈夫」というあいまいな落としどころを好む傾向があるが、残念ながら、日本人が大好きな白米は「少量でも体に悪い」と言ってもいいだろう。エビデンスによると白米の摂取量が少なければ少ないほど糖尿病のリスクが低いことが報告されているからだ。 この研究によると、日本人においても白米の摂取量が多ければ多いほど糖尿病になる可能性が高くなることが明らかになった。 女性で...
2018.06.30
健康管理

デタラメ治療の結果 糖尿病で年間3000人以上が失明、足切断

予備軍を合わせ国内で糖尿病患者は2000万人を超えるといわれるが、その医療では、実に多くの「ウソ」がまかり通っている。そう指摘するのは、高雄病院理事長の江部康二医師だ。自身が糖尿病の内科医が、日本の糖尿病治療の欺瞞を暴く。 * * * そもそも糖尿病とは血糖値が高くなる病気のことだ。血糖値が高くなると体内の酸化バランスが崩れ、活性酸素が生じて血管が傷つきやすくなる。また、血糖値が上がると血...
2018.07.02
健康管理

糖分を摂り過ぎるはうつ病の原因になる

糖分を摂り過ぎは 最近の研究によれば、うつ病は脳が炎症を起こしている状態であり、それには食品がかかわっているのだそうです。 脳の炎症を招く元凶は、糖分だといわれています。ですから、辛い気持ちを紛らわすためにスイーツをドカ食いするのは逆効果。 他方、緑黄色野菜は、脳細胞を守るはたらきがあるので、積極的に摂るようにしましょう。
2018.07.04
スポンサーリンク