ブースターケーブルの取り扱い方

車 両のライトの消し忘れや車両を長期放置した場合には、バッテリーが放電してエンジンに始動が困難になるときがあります。応急処置としてブースターケーブル を用いて始動させる場合に次に示すように正しく使用しなければなりません。ブースターケーブルの取り扱いは事故を誘発するおそれがあるので十分注意して取 り扱う必要があります。

ケーブル接続の際、バッテリーのプラス端子とマイナス端子とをケーブルでショートさせないように注意してください。
救援車のバッテリーはバッテリー上がり車と同じ電圧を使用してください。
ブースターケーブルを引っ張った状態で使用しないこと、またクリップはしっかり接続してください。
ブースターケーブルでエンジンを始動させる場合には、保護メガネを着用してください。
ブースターケーブルはバッテリーの大きさに適したもので破損、腐食などの異常のない事を点検してから使用してください。
エンジンルーム内にバッテリーがない車両や、バッテリーを2個使用している車両は、その車両の取り扱い説明書に従ってください。
(注)ブースターケーブルを用いたエンジン始動は、あくまでも応急処置です。
接続手順は図に従ってください。

(1) 救援車、バッテリー上がり車ともにエンジンキーはOFF(切)の位置にしてください。
(2) ブースターケーブルを図の①→②→③→④の順序で接続します。
(3) 接続後、救援車のエンジンを始動させ、エンジン回転を少し高めにし故障車のエンジンを始動します。
(4) ブースターケーブルの取り外しのときと逆の順序(④→③→②→①)にします。