サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

ACLとは

Linux Mint
スポンサーリンク

アクセス制御リスト (Access Control List, ACL) はファイルシステムに柔軟性のあるパーミッション機構を追加します

UNIX のファイルパーティションを補助する形で設計されています。ACL を使うことであらゆるディスクリソースのパーミッションをあらゆるユーザーやグループに与えることが可能です。

デフォルトでは、Linuxでの権利管理は比較的基本的です(ただし、多くの場合十分です)。実際、ファイルの所有者、所有者が属するグループ、およびその他の世界の3つのカテゴリのユーザーに対してのみ、ファイルの読み取り、書き込み、および実行を許可または禁止することができます。 。この権限管理により、最も単純な状況でファイルへのアクセスを構成できますが、たとえば、複数のユーザーが共通のグループを持たないときに共有リソースにアクセスする必要がある場合などに制限できます。 。

高度な著作権管理で、このギャップを埋めるために使用されます。したがって、サードパーティのユーザーがグループ全体または他のすべてのユーザーを許可せずにファイル(フォルダー)に対して操作を実行できるようにすることが可能になります。

Linux Mint
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント