サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

mint 19 apc 無停電電源装置 APC RS 550G

Linux Mint
スポンサーリンク

# apt-get install libpcre3 libpcre3-dev apache2-dev php7.2-dev php-pear

# apt-get install apcupsd

# cp /etc/apcupsd/apcupsd.conf /etc/apcupsd/apcupsd.conf.bak

# vi /etc/apcupsd/apcupsd.conf

UPSNAME APC RS 550G
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb
DEVICE

# 瞬停対策、停電10分後にシャットダウンを開始する
POLLTIME 600

# cp /etc/default/apcupsd /etc/default/apcupsd.bak

# vi /etc/default/apcupsd

ISCONFIGURED=yes

apctestで各種テストが行える

テストはapcを停止させて行う
# systemctl stop apcupsd
# apctest

1)UPSの電源切断テスト
2)セルフテストを実行する
3)最後のセルフテスト結果を読む
4)バッテリーの日付の表示/変更
5)製造日を表示する
6)アラーム動作の表示/変更
7)感度の表示/変更
8)低転送電圧の表示/変更
9)高転送電圧の表示/変更
10)バッテリーのキャリブレーションを実行する
11)テストアラーム
12)セルフテスト間隔の表示/変更
Q)終了

apacheで状態の確認

# apt-get install apcupsd-cgi

cgiはもともと動く状態になっている
/etc/apache2/conf-enabled/serve-cgi-bin.confが設定ファイルである。
このファイルは/etc/apache2/conf-available/serve-cgi-bin.confのリンクファイルである。
このなかにScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/ がありcgi-binの実体は/usr/lib/cgi-bin/である。

ApacheのCGIモジュールを有効にする
Apacheのインストール済みモジュールは、/etc/apache2/mods-available 内にある。
cgiモジュールはcgi.loadである。
起動させるには/etc/apache2/mods-enabledにシンボリックリンクを作る。

# cd /etc/apache2/mods-enabled
# ln -s ../mods-available/cgi.load

# service apache2 reload

状態の表示

http:///cgi-bin/apcupsd/multimon.cgi

コメント