サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

rear local disk backup

Linux Mint
スポンサーリンク

usb起動用ディスクをフォーマット

# usr/sbin/rear format -- --efi /dev/sdc

保存先ディスクの設定

# blkid

# mkdir /media/backup-disk

# vi /etc/fstab

UUID=0b85c295-17da-4375-a456-dc13a65d2214 /media/backup-disk ext4 defaults,nofail 0 0

local.conf

#USBメモリよりレスキュシステムを起動させる

OUTPUT=USB

#リストア用ISOファイルの保存先
OUTPUT_URL=usb:///dev/disk/by-label/REAR-000

#バックアップファイルはtar.gzタイプで保存される
BACKUP=NETFS

#バックアップファイルの保存先に保存する

BACKUP_URL=usb:///media/backup-disk

mkrescueでテスト

# usr/sbin/rear -v mkrescue

完全バックアップ

# usr/sbin/rear -v mkbackup

エラーの対処

ERROR: USB device ‘/dev/sdc2’ is already mounted on ‘/media/[username]/REAR-000’

# umount /media/[username]/REAR-000

 

 

コメント