サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

linux mint 19 が素晴らしい

mintlinux

mint 18は設定が面倒だったが19は非常に簡単である

おすすめである

インストール方法

USBメモリにISOファイルを保存する

公式サイトからダウンロードは遅いので理研を利用する

Index of /Linux/linuxmint/isos/stable/19.1

アクセサリー→USBイメージライターでUSBメモリに焼く

USBメモリから起動してインストールアイコンでインストールする

日本語入力の設定

Google日本語入力ソフトmozcをインストールする

$ sudoaptinstallfcitx-mozc --install-recommends

$ im-config -n fcitx

一旦ログアウトする

日本語の切り替えは半角/全角キーで行う

ローカルDNSの設定

$sudo apt install resolvconf

/etc/resolvconf/resolv.conf.d/head以下を編集して追加します。

nameserver 192.168.1.2
nameserver 192.168.1.6

resolvconfサービスを再起動します。

$ sudo service resolvconf restart

デスクトップ壁紙の変更

デスクトプ画面でマウスで右クリック

Tessa内から選択する

libreofficeの日本語化

$ sudo apt install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

文字の大きさの調整

メニュー→設定→フォントの選択

フォントの設定内の文字の倍率でおこなう。

私は1.3倍にした。

Google chrome フォントの設定

標準フォント:Noto Serif  CJK JP

Serif フォント: Noto Serif  CJK JP

Sans Serif フォント: Noto Sans  CJK JP

固定幅フォント:  Noto Mono

defaultのフォント

デフォルトのフォント:Noto Sans Regular 9

デスクトップのフォント: Noto Sans Regular 10

ドキュメントのフォント:Noto Sans Regular 10

等幅フォント:Noto Sans Regular 10

ウィンドウタイトルのフォント:Noto Sans Bold

Google×Adobe共同開発のフリーフォント

スマホなどでの読みやすさを課題としてデザインされた「Noto Sans CJK」は、Google と Adobe が共同開発したフォント

Google chrome 壁紙

chrome ストアのテーマで設定する

Chrome ウェブストア
ブラウザをパーソナライズできるカスタム ブラウザ スキンです。

プリンター 音声入力

プリンターも音声入力も何もしなくても使えた。

コメント