サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

日本のメディアは独立性に懸念が残るとの報告書(国連)をまとめた

若者へ
スポンサーリンク

表現の自由「日本は勧告をほぼ履行せず」国連特別報告者

言論と表現の自由に関する国連の特別報告者デービッド・ケイ氏が、日本のメディアは政府当局者の圧力にさらされ、独立性に懸念が残るとの報告書をまとめた。「政府はどんな場合もジャーナリストへの非難をやめるべきだ」とした。

ケイ氏は2016年に日本を訪問し、翌年に報告書をまとめて勧告を行った。今回は続報として勧告の履行状況などを報告。政府に対する勧告11項目のうち、放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃、平和的な集会や抗議活動の保護など9項目が履行されていないとした。

今回、ケイ氏からの問い合わせに日本政府は答えなかったとしている。報告書は国連人権理事会に提出され、審議されるが、勧告に法的拘束力はない。(ジュネーブ=吉武祐)

テレビは政府、企業に都合が悪い放送をしない。

基本新聞も同じだろう。

私は新聞を10年前ほどから読んでいない。

テレビは11時30分台のニュースを食事中に見るのみ。

テレビを見ているとどんどんアホになる。

私はパソコンで疑問点を検索して勉強している。

テレビは時間の無駄。

若者へ
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント