Grandstream HT802 設定

Basic setting

Time Zone: GTM+09:00
Allow DHCP server to set Time Zone: No (Time Zone をServerのDHCPに任すかどうか)

FXS PORT

Check SIP User ID for incoming INVITE: Yes (着信SIPユーザーIDを確認します、夜間無言電話対策)
Preferred DTMF method(in listed order): Priority1:RFC2833
Priority2:In-audio
Priority3:SIP INFO
Voice Frames per TX: 2 (TXあたりの音声フレーム数 PCMU / PCMAの場合、デフォルトは2)
Disable Call-WaiWng: Yes (通話中に着信があった場合、新たに掛けてきた相手に話中を通知します。「No」を選択いただくと、通話中に着信があった場合、「ププッ」と新しい着信があったことを通知します)
Disable Call-WaiWng Tone: No (キャッチ入電時に音で通知しません)
SUBSCRIBE for MWI: Yes (たぶんボイスメッセージの信号を受け取るの意味だと思う)
Preferred Vocoder(in listed order): choice1〜choice8 のすべてをPCMU(ulaw)にする
SLIC Setting: JAPAN CO (加入者線インタフェース回路)
Caller ID Scheme: NTT JAPAN (発信者通知の方式)
Jitter Buffer Type: Adaptive
Jitter Buffer Length: Medium
Gain: TX(0dB) RX(0dB)

ADVANCED SETTING

Firmware Server Path: firmware.grandstream.com
Config Server Path: firmware.grandstream.com
NTP Server: ntp.nict.jp
System Ring Cadence: c=1000/2000;
Call Progress Tones – Dial Tone: f1=400@-19,c=0/0;
Call Progress Tones – Ringback Tone: f1=400@-19,f2=385@-20,c=1000/2000;
Call Progress Tones – Busy Tone: f1=400@-19,c=500/500;
Call Progress Tones – Reorder Tone: f1=400@-19,c=500/500;

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク