ルータの背後に複数台のVoIP電話があるときは各SIP端末​​が異なるローカルUDPポートを使用する必要があります

2台以上のSIP端末​​(VoIP電話)が同じルータの背後で確実に機能するためには、各SIP端末​​が異なるローカルUDPポートを使用する必要があります。

ほとんどのVoIP電話およびデバイスは、次のポートを使用するように事前設定されています。

SIPポートをリッスン:5060
RTPポート番号:5004

代わりに、最初のVoIP電話を使用するように設定します。

SIPポートをリッスン:46160
RTPポートを聞く:46104
次のVoIP電話の使用のために:

SIPポートをリッスン:46260
RTPポートを聞く:46204

関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク