サーラリマンは働き過ぎ、社畜化に注意しよう!!

asterisk freepbx 知識

asterisk
スポンサーリンク

VoIPは、Voice over Internet Protocol、またはより一般的にはインターネットを介した電話サービスの頭字語です。
PSTNとは公衆交換電話網の略。アナログ音声データを伝送する銅線に基づく国際電話システムのことです。

同じルータの背後で複数の電話機を使用する

同じローカルネットワーク上に複数のVoIP電話/デバイスがある場合は、それぞれ異なるローカルUDPポートを割り当てることでポートの競合を回避できます。

追加するSIP電話機またはデバイスごとに、使用されるローカルポートを100 ずつ増やします。

Grandstream:
「Local SIP Port」は「Account」メニューにあり、「Local RTP Port」は「General」または「Advanced Settings」メニューにあります。
各回線またはアカウントには、異なるローカルSIPポートを割り当てることができます。

アクティブな回線ごとに異なるLocal SIP Port値を選択する必要があります。

ローカルポートの選択と複数のVoIP電話の使用
電話機の設定でデフォルト以外のローカルポートを使用すると、最も頻繁に発生するルータおよびファイアウォール関連の問題の多くを回避できます。

2台以上のSIP端末​​(VoIP電話)が同じルータの背後で確実に機能するためには、各SIP端末​​が異なるローカルUDPポートを使用する必要があります。

単一のデバイスのみを使用している場合でも、VoIP電話で使用されているデフォルトの「ローカル」ポートまたは「リスン」ポートを変更すると、ルータに関連した多くの潜在的な問題を回避できます。

ほとんどのVoIP電話およびデバイスは、次のポートを使用するように事前設定されています。

SIPポートをリッスン:5060
RTPポート番号:5004
代わりに、最初のVoIP電話を使用するように設定します。

SIPポートをリッスン:46160
RTPポートを聞く:46104
次のVoIP電話の使用のために:

SIPポートをリッスン:46260
RTPポートを聞く:46204
VoIP電話やデバイスを追加する場合は、追加する電話ごとに次のような連続したSIPポートを使用するようにポートを増やし続けます。

46160、46260、46360、46460など

開始RTPポートについても同様です。

46104、46204、46304、46404など

SIPデバイスで開始(最小)および終了(最大)ローカルRTPポート値を指定する必要がある場合は、次のようにRTPポート範囲を使用すれば十分です。
46104 – 46120、46204 – 46220、46304 – 46320など

VoIPデバイスで使用されているローカルポートを変更しても問題が発生する場合は、電話機の[設定]でSTUNを有効または無効にしてください。

asteriskFreePBX
スポンサーリンク
シェアする
ふじやんをフォローする
なんでもDIY

コメント