asterisk14.0.2 freepbx13 google TTSを用いたIVRアナウンス作成

IVRアナンスを録音して作る代わりにGoogle TTSに喋らせてできたファイルをIVRに用いる。

概略

カスタム内線を登録する
その内線に電話して案内を聞く
/tmpに拡張子slnファイルができる。
このファイルをIVRに登録すればOK

カスタム内線を登録する

アドミン→カスタム内線
9999を内線番号にした
説明は最初の案内の登録にした

extensions_custom.confの編集

[from-internal-custom]
exten => 9999,1,Answer()
exten => 9999,n,Wait(1)
exten => 9999,n,agi(googletts.agi,"[from-internal-custom]
exten => 9999,1,Answer()
exten => 9999,n,Wait(1)
exten => 9999,n,agi(googletts.agi,"はい山田でございます。音声ガイダンスに沿って、ご希望の番号を押して下さい。山田孝彦にご用の方は1を、 山田かよ子にご用の方は2を、山田悦子にご用の方は3を、あいばらにご用の方は4を、ファックスは5を、留守番電話は6を押して下さい。",ja)
exten => 9999,n,Wait(1)
exten => 9999,n,Hangup()",ja)
exten => 9999,n,Wait(1)
exten => 9999,n,Hangup()

freepbxの再起動

# amportal restar
関連広告記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク