スバル、マツダの危険なリコール隠し

スバル、マツダのバルブスプリングの品質問題

エンジンが停止するかもしれない危険な不具合を放置していた。

国土交通省の指摘で初めてリコールを届け出た。

7年ほど前にわかっていたらしい。

テレビでは放送されない。

エンジンが壊れないのはホンダ

ホンダはエンジン部門が強いので予算が多いのだろう。

ホンダはエンジンにはお金がかかっている。

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする