マックス 浴室暖房 換気 乾燥機(BS-211 200V) 取り付け記録

浴室暖房機

経緯

数年前に購入後、ほったらかしにしておいたものを取り付けることにした
ユニットバスであっても冬は寒いので風呂に入るのが億劫になる

一般的な浴室暖房乾燥機の取付注意点

温風吹き出し方向が洗い場に向くように取り付ける
本体にパッキンがあるかどうか確認する

取り付け方法

ブレーカーを落とす
既存の換気扇を撤去
ダイヤモンド歯のグラインダーで285 x 410 角に開口部を広げる(養生テープで直線>を作りと保護)
切断面は大日本塗料の透明錆止めスプレーで錆止めした
開口部に下地を作る
35mm角の杉を使った
ユニットバスの両端部はしっかりしているのでこの部分に杉を渡した(固定はしてい>ない、置くだけ)
杉を2本接合して(70mm)補強下地にした
本体をスクリュービスで仮止めをした
残りは付属ビスで固定した
ランドリーポールはアマゾンで購入した

リモコンの取り付け

壁裏に空洞がない
仕方ないので350mm間隔で入っている下地をボードノコギリとノミで除去した

200Vの接続

分電盤の中の両端に接続すれば200Vが得られる
分電盤の中の端子を200V用に付け替える
200V 30Aの安全ブレーカーを購入、これに接続した
アースは既存のアース線に接続した

100のアルミダクトを接続した

感想

難しいことはなかった
やはり挑戦が大事
電気の知識のない方はやめておいたほうが良い?
暖かい快適です
入浴前に10分程度温めてから入る、暖房しながら入ると暖かすぎる
この機器は大型のドライヤーの様だ
洗濯好きの妻がよく生乾きの洗濯物を乾かしている、便利が良いようだ
真冬の震えから解放された
この機器は大型のドライヤーなので電気代が高いのがネック

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする