ムーヴのDIY L150S ヘッドライトを点灯するとアイドリング回転数が低下する

経緯

ヘッドライトを点灯したときとパワーウィンドウを操作し閉まった後にアイドリング回転数が低下する現象が気になっていた

原因究明

まずISCVの洗浄をした
相変わらずアイドリング回転数が低下していた。

アース接点を磨き接点復活スプレーをした、まだだめ。

細いアース線をアーシング用の太いのに変えた、まだだめ。

バッテリーから車体にアーシング用の太い線を引いた、まだだめ。

次にバッテリーを疑った
ボッッシュの再生バッテリーをオークションで購入した
バッテリーを交換過程でバッテリマイナスの延長上のアース接点を外してヤスリで磨き、接点復活スプレーをした
バッテリー交換後、アイドリング回転数が800に落ちついた時点でヘッドライトを点灯すると回転数が上昇した
その後、依然としてライト点灯時に回転数が落ちる現象があった

結果

ヘッドライト点灯時の回転数の落ち込みはオルタネーター(発電機)が発電しだす為の電気負荷の為、仕方ありません。
回転数が2目盛りダウンという事ですが基本的に600回転くらいにとどまっていれば問題ありません。
特に軽四の三気筒エンジンは症状が出やすいです。
バッテリーに関しては26~40Bクラスが入っていればいいです。ステーの大きさは余裕をもって作られていますので、どうしても隙間が出来てしまいます。ご安心下さい
600回転以下にはおちていないのでこれで正常であるようなので気にしないことにする

やはり気になるのでダイハツディーラーに確認にいった

回転数が低下すると返事をいただいた。ひと安心

関連広告記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする